或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

東芝HD DVD撤退

東芝が、HD DVDを撤退を決めた。厳密には、今後の開発を行わないとすると言う意味でありアフターサービスなどは8年程度は行われる見込みである。Blu-ray Diskが勝ったということである。Blu-rayはよくBlue-rayと間違われることが多いが、固有名詞であることが分かりやすくするためBlu-rayになっているそうだ。東芝陣営は、HD DVDがハード的に劣ることはないと豪語していたが、容量では劣っていた。また、現状のDVDのラインを拡張して使えるため、設備投資が低く抑えれるなどいい面を出せぬまま今回の撤退となった。
なぜ、撤退に追い込まれたのであろうか。2004年の時点では、Blu-ray DiskHD DVDのシェアは5分5分であった。2008年を迎えて北米で半分のタイトルを供給しているワーナーBlu-ray Diskを選んだことで一気に流れは傾いた。最大のポイントはやはり東芝が豪語したハード面ではないだろうか。従来のDVDのラインを使えるメリットを価格で反映できなかったこと、多層化などによりBlu-ray Diskは200Gの容量も可能との話もあった。ある程度シェアが均衡したところで新たな技術を投入できなかった東芝の見込み違いがあったのではないだろうか。フルハイビジョンさらなる映像への探究心はたんなる容量を追求することだけで得られるものではないが、価格面ではシェアが多いチームのほうが有利である。一方東芝が撤退したことは、市場では早くから受け入れられたようで株価も上昇した。これ以上傷を広げることより、得意なフラッシュメモリーなどに力を注げると市場が評価したのであろう。今後はBlu-ray Disk内で、ソニーとパナソニック(松下)とシャープがシェアを争うことになる。

城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします。
ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。 FC2ブログランキング
人気ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。人気ブログランキング



あなたのクリックでお金の掛からない政治活動を支援ください。

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 経済 | 19:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/99-d0058b69

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。