或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大阪都構想と大阪都抗争

大阪が注目されている。と言っても実際の大阪が注目されているわけではなく、大阪の政局が注目されている。橋下大阪府知事が、府知事を辞任し大阪市長選に出馬しようとしている。

 11月27日投開票の大阪市長選で、橋下徹知事(42)が率いる首長政党「大阪維新の会」は4日、橋下知事を擁立する方針を決めた。橋下知事は今月21日にも府議会に辞職の意向を伝え、23日に開かれる維新の全体会議で市長選への出馬を表明する見通し。市長選には再選を目指す平松邦夫市長(62)と前共産党市議、渡司(わたし)考一氏(59)が出馬表明しており、三つどもえの戦いになる公算が大きくなった。
選挙:大阪市長選 橋下知事出馬へ 維新擁立、21日にも辞職表明より引用



少し前に、愛知県知事選と名古屋市長選が同時に行われた。知名度に勝る河村たかし市長が愛知県知事候補として大村衆議院議員を擁立(支援)し、自ら市長辞職を行うことで停滞する市議会運営の打開を図った。市長みずからがリコールを呼びかけ、リコールに成功した時点で選挙の結果はおおよそ想像がついたが、河村市長と大村衆議院議員は持ち前の知名度もあって両名とも当選した。

大きな目玉であった中京都構想は、知事はやる気のようであるが特別な動きはない。果たして市民や県民は何を望んでいたのであろうか。

話を大阪に戻そう。大阪都構想はいつの間にか大阪都抗争になってしまっているようにも感じるが、愛知名古屋と大阪が違う点は、知事と市長の足並みが揃っていないという点であるが、どちらが勝つのであろうか。

大阪市民、府民にとって不幸な点は、大阪都の像がよくわからないという点である。大阪市と大阪府の二十行政を改めるというのが最も大きな意味を持つと思うし、象徴的なのが、大阪府が持つ水道局と大阪市が持つ水道局が2つ存在し別々の事務手続きによって成り立っているという点である。また、大阪市は非常に大きな都市であり区割りが行わているが区長は行政官であり政治家ではない。

また、大阪都構想では近隣の都市なども巻き込んでOne大阪を築くとされている。私が生まれ育った守口市も対象となっている。橋ズム(ファシズムになぞらえて)と言われる一党独裁による権力主義が問題になっているが、一方でこれだけのリーダシップを持たなければ大きな都市を変革することは難しい。

どのような制度を取ったとしてもその行政機構が働かなければ全く無意味となってしまうのも忘れてはいけない。子ども手当は国民は期待し無駄撲滅と言って歓喜したが結局2年で破綻した。大阪都構想も中京都構想もそのようにならないであろうか。

少なくとも大阪都抗争は、12月には決着がついているだろう。大阪府の行政がどのような形となっても機能する形を取る必要がある。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています


スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

no dream

理想の人間は、頭(考え)の中に生きている。実際の人間は、頭の外(現実)に生きている。実際の人間は、決して理想の人間になることはない。
自分の理想の内容を明らかにして、その実現のために相手の協力を求めなくてはならない。これは、建設的な態度である。我々の人生である。

実際の人間が理想の人間でないとして、相手を倒すことばかりに明け暮れていても、政治は前に進まない。理想がなくて、ケチがある。相手へのケチは、序列争いにおいて自己に有利となる。だから、相手を捨てておく。すると、政治が三流になる。
ただ、総理大臣がくるくると変わるばかりで、社会は停滞する。さらに失われた○○年が生まれる。

現実の世界は、過不足なく成り立っているので、考え(過去と未来)の世界といえども、過不足のない内容に作り上げなくてはならない。論理の尻が抜け落ちていたのでは、せっかくの考えの内容も現実生活の指針とはならない。ところが、日本人には、非現実(過去と未来)の世界を過不足なく頭の中で組み立てることが難しい。それは、日本語に時制がないためである。

英語には時制があるので、現在の内容は、過去の内容にも未来の内容にも、そっくり置きかえて考えることが可能になる。つまり、世界観(world view)を持つことになる。だから、未来の世界も過去の世界も過不足なく成り立つ内容が頭の中にできあがって、現実の世界の指針となる。これは、温故知新である。学問である。

時制のない人の考えでは、せっかくの理想も空想になる。子供にも受け入れられるアニメの世界にはなっても、大の大人が心底信頼を寄せる理想の追求にはならない。空想の内容はあくまでも現在に存在し、現実の中の嘘である。未来(夢・希望)の世界には存在しないからである。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

| noga | 2011/10/08 03:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/918-bdbc2c0e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。