或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中国高速鉄道事故

中国の国家プロジェクトである中国版新幹線が重大な事故を起こした。中国の対応として非常に問題があるのは、原因究明を優先せず、路線の復旧を優先させた。さらに、橋脚から落下した追突した車両を破壊し、穴をほって埋めてしまった。

 中国浙江省の高速鉄道事故で、高架橋から落下した追突車両を破壊、埋めるなどの中国当局の対応に日本の専門家らから「論外だ」「事故原因究明につながらない」と批判、再発を懸念する声が上がった。

 追突車両の最前部を破壊し埋めた理由について、中国鉄道省の王勇平報道官は「救助活動を円滑にするため」と説明。しかし、北海学園大の上浦正樹教授(鉄道工学)は「ブレーキの故障など機械に不具合があったかどうかを検証するためにも事故車両の保存は重要」と話す。

 自動列車制御装置(ATC)に異常があった可能性も指摘されているが、上浦教授は「日本の新幹線なら、ATCに異常があっても列車はすぐに停止する。中国の事故は(異常を伝える)信号回路に不具合があったのではないか」と分析。中国当局の事故対応について「技術は失敗から繰り返し学んでこそ進歩する。こんなことをしていたら再発防止にならない」と指摘した。
車両破壊「論外」と専門家より引用



2日前に起こった事故現場もまだ片付いていない状況で、原因究明もされないまますでに運行が開始されている。事故対応で最も大切なのは人命救助であることは言うまでもないが、その次に大切な事は原因究明である。

過去に日本もJR西日本が起こした脱線事故があったが遠因として企業体質という見えざる原因があった。中国の事故も隠蔽や技術の過信、中国は一番でなければならないという思いがあったのではないだろうか。また、中国は90周年を迎える。国家の節目に何が本当に大切なのかをしっかりと考えて頂きたい。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/887-30c564f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。