或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

居座り首相

3月11日東日本大震災が起きた当初、私は大連立を主張し、ブログにも書かせて頂いた通りです。統一地方選も全て延期し、復旧に向けて直ぐに手当すれば、現状のような瓦礫が散乱し、未だに片付けられない状況を生むこともなかったと思っています。

産経新聞が、大島自民党副総裁のインタビューを掲載していましたので、紹介したいと思います。大島副総裁と言えば、国会対策委員長のイメージが強く、通算在任期間は歴代一位で福田内閣では、国会対策経験を買われてねじれ国会の対応に追われたと聞きます。

 「あれは5月の大型連休。視察の途中、宮城県の南三陸町にあるガソリンスタンドに立ち寄ったんだ。店は建屋全部が津波に流され、給油ポンプも自家発電。給油が終わるのを待っていたとき、店の経営者が僕を見つけてね」
 50歳前後の経営者はこう語りかけてきた。
 「あの日、海から真っ黒な煙とともに、巨大な津波が迫ってきました。私は車に乗った息子一家に『逃げろ!お前たちは生きろ!!』と叫びましたが、バックで戻ってきた息子に手をつかまれ、九死に一生を得ました。『助けてくれ』と叫ぶ、誰かの声が遠くに聞こえました」。

 「私の父親は依然行方不明です。ガソリンのタンクは幸い無事だった。父は『おれは捜さなくていいから、残ったガソリンを分けてあげなさい』といっているようで、私もこうして仕事をしています」
 店を去ろうとしたとき、経営者は大島さんの目を見据え、「この危機を、なんとか超党派で乗り越えてください」と懇願した。
 「グサッと来たのを鮮明に覚えている。われわれは政権奪還も目標だが、今は危機なのだ。これが被災者の心。与野党で危機を乗り越えなければならないという思いに駆られた」
 やはり本心は、与野党が震災対策に力を合わせることだ。
 その土壌を作ろうと、大島さんは秘密裏に仙谷副長官らと交渉を重ねてきた。
大島氏が涙酒「仙谷氏との共闘を壊した宰相」より引用



政治家として、国家の危機の際に自らや党のみことを考えていては議員として失格というのは言うまでもありませんが、民・自・公で行われた3党合意の意味は、菅総理にはわからないだろうとインタビューの中で答えられていますが、野党にも顔が利く大島副総裁ならではの言葉と感じとれます。

どんな政権が政治を担当していようともまずは、国家の危機に対して対応ができる体制を築くことが必要であり、現状そうなっていないのは誰が見ても明らかで、それは野党が悪いと言うのは簡単だし、私の顔が見たくないなら法案を通せと上から目線で笑いながら、野党を馬鹿にすることは簡単ですが、その後ろには国民が、被災されたみなさんの生活があることを忘れては成り立ちません。

大連立、決して良いことでは無いのかもしれません。少なくとも国民は民主党を選択しました。政権交代という言葉に浮かれていたとしても参議院で別の選択をしたとしても、甘いマニフェストに騙されたとしても、少なくとも選挙で選ばれたということを根底にしなくては民主主義は成り立ちません。

しかし、これだけの大災害に的確に対応するには、早期に様々な法案をそして、補正予算を通し復旧から復興に向かうためには本当は大連立を行うことが一番の近道だったことは間違いないのです。

そして、最も近道の手段は総理側近とも言える仙谷氏が画策しました。しかし、その画策は菅総理に見事に打ち砕かれることになりました。総理の座に固執する菅総理は、自らの首を差し出すことを拒み。その結果与野党合意は、頓挫しています。そして現在は国会も開けない状況となってしまいました。

菅総理の退陣しか、この停滞した状況は打破できなくなってきています。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/875-1888006e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。