或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

菅総理が総理の椅子に拘る理由

菅総理が総理失格の烙印を押されてから一ヶ月が経った。内閣不信任案をつきつけられても今なお、菅総理は総理の椅子にしがみついている。

岡田幹事長が、野党と取り付けた50日の延長を袖にし、70日を独断で決め。強引に国会で通した。私の顔が見たくないなら法案を通せと、自分に刃物をつきつけながらの脅迫はもはやなりふり構わない。国民の安心・安全も東北の復興も福島の原子力発電所の冷温停止ももはや念頭にはなく、どれだけ長く総理が続けられるかを考えているのか。

巷で実しやかに囁かれるのが、解散総選挙である。なぜ、50日ではなく70日なのだろうか。再生エネルギー法案を通すためと言われるが、20日の延長で通るものであろうか。2次補正や特例公債法の成立に関しては緊急性があるが、再生エネルギー法案は緊急性がなく、通ったからと言ってすぐに原発がなくなるわけではない。

通常国会が終了する9月以降も法案が成立しない場合の対応については、「この3つ(の法案成立)を持って一定めどと考えると言った」と述べるにとどめた。同首相は、今月2日の民主党代議士会で「震災復興と原子力事故対応に一定めどが立った段階で、若い人に責任を引き継ぎたい」と表明、この日の会見では初めて自ら辞任の条件に言及した。
退陣条件、2次補正と再生エネルギー、特例公債法の成立=菅首相より引用



この法案を通さないなら解散と、解散目的の法案ではないかと考えられている、政治より政局、国民より保身となった菅政権が最後に選ぶのは自爆解散なのではないだろうか。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/874-0d4f9a31

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。