或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大連立

小選挙区制になってから政権交代が行われやすくなり、ここ数年、衆議院と参議院の与野党が逆転する現象、すなわちねじれが起こる状況が増えた。衆議院で勝ち、参議院で勝ちと最低でも2連勝しなければねじれが生まれるようになった。国民が望むとも望まざるにも関わらず、ねじれが生まれている。政治家は、直近の民意と言う言葉を使いねじれを肯定する。

しかし、一方で首班指名や予算に関しては、衆議院の優位によって衆議院のみで決めることが可能であり、最も大切な国のリーダと国家の予算が参議院を抜きに決定できるため結果としてねじれを助長しているように感じる。もし、衆議院の優位がなければ是が非でも連立を行って、多数を構築しようとするからである。

さて、政治の世界の議論は菅おろしからポスト菅の話題に移っている。また、ポスト菅がどのように振舞うかという点にも言及することが増えてきた。

震災復興の名の下に、大連立構想がまた模索されている。日本の復興を最優先にすれば大連立が法案を成立させるということに対して有効なのは頭ではわかるのであるが、一方で納得がいかない部分も多い。

参議院選挙、地方統一選挙で自民党と民主党は自らの政策を戦わせて来た。子ども手当を中心とした最小不幸社会を築こうとする民主党と自由主義を目指した自民党は、政策的に共通部分も多いが、根本的に違い部分が多い。民主党内でもまとまらない状況のなかで、復興目的のみと限定したとしても基本政策から変わらなければ難しい部分が多いのではないだろうか。

結果、交渉決裂となりかねないのではないだろうか。そんな時には、さらに関係を悪化するという事態にもなりかねない。是々非々で議論されるほうが結果として復興が早まるようにも思う。次のリーダが本気で復興をそして社会保障制度の構築を目指すのであれば、与野党協力して行えるのではないだろうか。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/859-8497b4f6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。