或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2次補正

2次補正は、今年の秋になる見込みという記事が、飛び込んで来た。本気で6月中には国会を閉じてしまうようである。そもそも国会に閉会があることすら反対であるし、通年国会にすればある程度のことは解消されるように思うが、被災地がこれだけ疲弊している状況においては、現行法下においても通年国会のレベルで対応すべきであると思う。

政府は14日、東日本大震災によって発生した大量のがれきを国の直轄事業で処理できる制度を導入する方針を固めた。廃棄物処理法では市町村か、市町村から委託を受けた県が処理することになっているが、「自治体の処理能力を超えている」として国が直接処理に乗り出すよう宮城県などが強く求めていた。政府は同法の改正を目指すとともに、8月以降に編成する11年度第2次補正予算案に事業費を計上する方針だ。
東日本大震災:がれき処理、国直轄で 2次補正、最終処分まで--政府方針より引用



記事を読まれた方々はお気づきであると思うが、被災地にはまだまだ多くのがれき(瓦礫)が存在する。このがれきは市町村でまたは、県で処理することになるようだが、これだけ多くのがれきが存在し、地方行政事態が被災している状況下においては国が行うことが必須であることは、政府についてもおなじ考えのようである。

しかし、上記法律ならびに2次補正を伴うがれきの除去の予算に関しては今国会では全く議論されず、秋の臨時国会に持ち越される。当然、野党はこの心無い対応を避難し、国会を延長することを望んでいる。

 政府・民主党が東日本大震災の本格的な復興策を盛り込んだ平成23年度第2次補正予算案の提出を、次期臨時国会に先送りする方向なのに対し、自民党など野党は12日、一斉に反発の声を上げた。2次補正に絡む財源論で攻勢を強め、内閣不信任決議案のもっとも有効な提出時期を探る思惑がある。復興よりも政権延命を優先していると、世論にアピールする狙いも垣間見える。

 「『国会は6月22日に終わって休んでます』『首相は海外で華やかな外交をやっています』というのを、被災地の人たちがどう受け止めるか。国会を閉会にする選択はあり得ない」
復興2次補正「秋では遅すぎる」 派閥領袖から大合唱より引用



今からでも遅くない。内閣不信任決議を行い解散総選挙に追い込むべきである。心無い総理をクビにすることで日本の復興は進むと確信する。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 00:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/845-56e24696

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。