或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

子どもたちを放射能から守れ

異常な事態が、国会で行われている。文部科学省は小学校の校庭利用で年間被曝量20ミリシーベルトという基準を決定した。その決定に東大大学院教授の小佐古内閣官房参与は抗議を行い辞任する事態に陥っている。

内閣官房参与の小佐古敏荘(こさこ・としそう)・東大大学院教授(61)が29日、東京・永田町で記者会見を開き、参与を辞任する意向を表明した。小佐古氏は菅政権の福島第一原発事故対応について「法律や指針を軽視し、その場限りだ」と批判した。
 小佐古氏は会見に先立って首相官邸を訪ね、今月30日付の辞表を提出した。
 会見では特に、小学校などの校庭利用で文部科学省が採用した放射線の年間被曝(ひばく)量20ミリシーベルトという屋外活動制限基準を強く批判。「とんでもなく高い数値であり、容認したら私の学者生命は終わり。自分の子どもをそんな目に遭わせるのは絶対に嫌だ」と訴えた。「通常の放射線防護基準に近い年間1ミリシーベルトで運用すべきだ」とも述べた。
 また、緊急時迅速放射能影響予測システム(SPEEDI)による放射性物質の拡散予測が4月下旬までに2回しか公表されなかったことも批判。「今のやり方は、東京で数字をぼっと決めてやっている」と指摘し、政権の対応について「私がやってきたことからは外れているので、これ以上とどまっている理由はあまりない」と語った。
 小佐古氏は放射線安全学などが専門で、東日本大震災発生後の3月16日、原発事故の助言を政権に求められて参与に就任した。菅直人首相は小佐古氏ら計6人の原子力専門家らを次々に内閣官房参与に任命した。
小佐古参与が抗議の辞意 子供の被曝基準「容認できぬ」より引用



河野太郎議員のブログ『20mSVの文部科学省のロジック』によるとこの数字を下げると疎開せざる得ない状況がでているのでこの状況で子どもたちを移動させる必要が出てきて精神的な負担を生じると書かれている。

すなわち最初から避難しないで良いような基準を定めて後から理由を付けているということになる。ほかの記事では下記のように内閣府原子力安全委員会では基準に対して述べれられている。

 数値を妥当と認めた内閣府原子力安全委員会は同日の会見で「子供が年間20ミリシーベルトの放射線を浴びていいとは一切思っていない。実際、20ミリシーベルトの被ばくはないだろう。数百ミリシーベルトの被ばくになると健康被害が出るというのが国際的に認められた科学的知見」と強調した。
東日本大震災:福島県内、学校の屋外活動制限 「年20ミリシーベルト」広がる不安より引用



大人に比べて子どもは感受性が高く、細胞分裂も盛んなため放射線に対する影響が大きいと一般に言われている。また、放射線安全学の権威が今回の件で政府を避難して辞任するという異常事態をもっと報道すべきである。さらなる混乱にならないようにしっかりとした対応をお願いしたい。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 21:55 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

賛成です

私は、そして私の子供や友人やその子供には住んでほしくありませんけれど、それぞれの意見には賛成します。
原子力村周辺の圧力ってすごいんですかア・・・?
yojiturakuさんは、あのあたりはたぶん地価が付かなくなっているはずですから、沢山買い占めてお友達ともども住まわれたららいいと思います。

| ピカくんくん | 2011/05/13 23:04 | URL |

Re: タイトルなし

通常の感覚では避難しなければならないレベルであり
自然被曝の10倍を許容することはありえないと思います。

| 新三 | 2011/05/02 21:59 | URL |

全然問題なし、そのまま住んでよし、
チェルノブイリの避難時の1/100にも被曝線量になっていない。
強いて対策するとすれば、放射性ヨウ素による甲状腺ぐらいか
ヨウ素補給ぐらいだ。
食べ物牛乳も出荷してよい。

| yojituraku | 2011/05/02 02:57 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/839-ce0cd896

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。