或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

統一地方選決戦

NHKの開票速報によると現職の都道県知事の当選が伝えられている。

東京都知事選は、あっと言う間に現職都知事の当選が伝えられた。これまで、東京都知事選で現職が負けたことはなくある意味で当然の結果だったのかもしれない。

選挙は、ほとんど期日前投票で行ってきたが時間が取れなかったため当日の投票となって気がついたことがあった。投票所に制服を来た高校生の姿があった。

 4月の統一地方選に向け、県内の市選管が高校生を臨時職員として採用し、投票所の選挙事務に活用する動きが定着してきた。自治行政に理解を深めてもらうとともに、低投票率が課題となっている若年層への選挙啓発と人件費削減も狙う。静岡新聞社のまとめでは、6市で計約600人が参加する見通しだ。
 高校生を採用するのは静岡、浜松、三島、島田、藤枝、牧之原の6市。投票所に訪れた人の案内や受け付け、名簿のチェック、投票用紙の交付などに当たる。事前研修を含め、計4500円~9千円の賃金を支給する。
 浜松市は今回の統一地方選で初めて89人を採用する。市選管の担当者は「高校生が選挙事務に従事する体験を通じ、その家族や友人などにも関心の高まりが生まれるはず」と期待する。
 ただ、高校生の採用を見送った選管からは「職員の負担が増す可能性がある」「万が一の失敗は許されず、慎重にならざるを得ない」との声も。
 県選管は「年代別投票率は20代が最低。将来の有権者として高校生が選挙事務を経験することは意義がある」と話した。
高校生貴重な戦力 投票所事務に県内6市採用より引用



私の記憶が正しければ、藤枝で始まったこの運動が、静岡だけでなく全国に広まり、多くの高校生が身近な政治に対して興味を持ってくるようになれば日本の未来は明るい。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/815-cf17928a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。