或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

人・街・未来

普段は、政治を意識することが無い、そんな方々は多いのであろう。ある意味で、政治は一部の方々が動かし、官僚がまとめている。一般の国民にとっては縁遠いものでそんなことは偉い人が行ってくれれば良いのだと思うこともある。

しかし、一旦災害や日常とは違うことが起これば、上記の前提はすぐに壊れる。私たちの街は私たちで、私たちの未来は私たちでと考えることがある。身近な祭りも、祭典も、花火も、催し物もすべて延期になった。それも政治が決めることだと分かれば政治が身近なものになる。

政治はそんなに難しいことではない。誰しも少しは関係し、少しは考えることだ。子ども手当は子どもがある家庭だけの話ではない。税金が使われているからだ。災害の影響で原発が倒壊した、安全、安心でない発電所はすぐにでもやめるべきと声高らかに発言することは簡単だが、果たしてどのような選択肢がるのか、しっかりと考えなくてはいけない。

政治を真剣に考えるときは国民にとって本当に危機が起きた時である。日本で内戦がもし起こればすぐにでも投票率は100%に近づくであろう。政治に興味をもつということはある意味で国家が不安定であるときとも言い換えることができる。震災で多くの方々が亡くなり、真剣に防災のことを考えることができた。こんな時政治は何をすべきであろうか。大連立を望む方々が多いのも事実、それだけ法案が通らない、現政権に対する不満があるのではないだろうか。

未曾有の災害が襲ってきた今、日本は大きな帰路に立っている。情報社会の問題点なども沢山見えた。西日本と東日本で周波数が異なることによる電力受給を満たすことができない。原子力発電の今後どうなるのかなど大きな問題が横たわる。

一方で、新たなクリーンエネルギーなどを模索する動きがそろそろ出てくるのではないだろうか。現状の技術では電気を貯めるということが難しい。深夜の電力を貯めることが出来れば、昼間の電力需要を賄うこともできるであろう。

身近な問題から、人・街・未来のことがしっかりと見えてくる。私たちが今なすべきことをしっかりと取り組み、未曽有の災害から立ち上がらなければならない。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 00:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/810-94a492ce

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。