或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本の未来を考える

明日からは、新年度で明日から統一地方選挙の県議と市議が告示される。菅総理は、思いつきなのか、しっかりと未来を見据えてなのか全くよくわからないが原子力の見直しを検討しているようだ。

 菅直人首相は31日午後、共産党の志位和夫委員長と首相官邸で会い、東日本大震災と福島第1原発事故の対応をめぐって意見交換した。「2030年までに原発を14基以上新増設する」との政府の目標について、首相は「白紙、見直しを含めて検討する」と表明した。会談後、志位氏が記者団に明らかにした。
 政府は昨年6月、エネルギー基本計画を策定。二酸化炭素の排出抑制を念頭に原発推進の立場を鮮明にしていた。原発の新増設を見直す場合、エネルギー政策の抜本的な転換につながることになる。成長戦略の柱の一つでもある原発の海外展開にも影響を与えるのは必至だ。
 首相は志位氏との会談で、「使用済み核燃料の問題をどうするかも含め、安全性の見地から構造的な原子力政策の再検討を行いたい」と強調。福島第1原発の現状に関しては「安定的な冷却の見通しが立っているわけではない」と説明した。
 一方、首相は、地震や津波などで住宅が壊れた世帯が対象の被災者生活再建支援法について「300万円の上限(支給額)は引き上げが必要だ」との認識を示した。「町を高台に移し、新しい町づくりをするという計画が出てくることも念頭に置く」とも言及した。
原発新設の「白紙」検討=被災者支援、支給額引き上げ-菅首相より引用



日本の発展は、安い電力に支えられたという部分が大きい。節電だけで原子力の受給を全くなしに電力需要に問題がない状況になることは考えにくい。世の中のオール電化も進み、クリーンエネルギーとして原子力発電は一翼をになってきたのは間違いない。

チェルノブイリ事故に次ぐ大きな事故が日本で起こったことは本当に不幸であるし、想定外と言う言葉だけで片付けるには、大きな事故であった。

感情としてはすべての原発を廃止にするということには反対はしない。ただ、本当に日本の今後の発展や経済活動を考えれば、新たなクリーンエネルギーが見つかるまでは原子力の運用を安全に行う技術の開発を行うことが私は必要だと思う。

福島第一原子力発電所は大きな被害があったが、女川原子力発電所は同規模の災害であったにも関わらず危機的な状況に陥ることはなかった。検証記事があったので紹介したい。

 福島第一原発から北に約120キロ離れた太平洋岸にあり、三つの原子炉が並ぶ女川原発。福島第一原発を襲った津波は高さ14メートルを超えたが、女川町を襲った津波は17メートルクラスだったとする調査結果が出ている。津波で、女川原発の1~3号機のうち、2号機の原子炉建屋の地下3階が浸水したが、原子炉を冷やすために不可欠な電源が失われることはなかった。

 女川原発の安全審査で想定した津波の高さは最大9.1メートル。想定を大きく上回ったのは、福島第一原発と同じだ。それにもかかわらず、被害が小さかった理由について、東北電力は「詳しい経緯は今後の調査を待たなければならないが、余裕を持った造りが大きかったと考えられる」と指摘した。

 「余裕」が最も表れているのは、原子炉建屋の海面からの高さだ。同原発の主要施設の標高は14.8メートルあり、10メートル前後だった福島第一より高い。女川原発は2号機の熱交換器室が浸水の影響で使えなくなった1系統を除き、非常用電源が正常に稼働した。施設の位置の高さが津波の被害を防いだ可能性があるという。

 また、女川原発では、福島第一原発とは違い、外部電源が失われなかったことも大きかった。東北電力によると、女川原発につながる2系統の送電幹線のうち、片方は地震の影響で止まったものの、もう一つは電気を送り続けた。同原発1号機は変圧器の故障でこの外部電源が使えなくなったが、2、3号機では維持された。福島第一原発で外部電源が喪失したことについて、東電側は「送電鉄塔が地震で倒れたため」と説明している。
なぜ女川原発は無事だった 津波の高さは福島と同程度より引用



単に、運が良かったというだけではない。原子力発電所は大量の冷却水を必要とするため沿岸部に建設される。従って、津波の対策が必須ではあったが不幸にして福島第一原子力発電所では想定を上回ってしまった。

現在運用されている原子力発電所をすぐに廃炉にしたところで、安全に止めるためにはかなりの時間を要する。従って、さらなる安全性を担保するためにさらなる補強を行うことが必要である。

その上で、新たなクリーンエネルギー、風力・太陽光発電・地熱・バイオマス・潮力あらゆるエネルギーは考えることができる。早急な技術開発ならびに研究を行う必要がある。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 20:02 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

●統一地方選挙

 統一標語
 「気を付けよう、その無所属は民主かも!」

 ※「民主党=落選」というのが常態になって来ています。
  そこで、本当は民主党でありながら、無所属という
  通名(詐欺・ゴマカシの名前)で立候補する者が
  増えています。気を付けましょう!

| 谷 豊 | 2011/03/31 21:59 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/808-0ca2d073

TRACKBACK

原発新設の白紙も検討 首相

考えてモノ言ってんのか [?/]思いつきとか機嫌取りとかで深く考えもせんと脊髄からしゃべるあたり、鳩山由紀夫と大差ねーな [疑/]決定的に不足する電力は何でまかなうんだ [?/] 鳩山イニシアチブで火...

| 時々時事爺 | 2011/03/31 22:48 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。