或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大地震~なぜ原子力発電か~

なぜ、原子力発電が日本で根付いたかの問にあなたであればどう答えるであろうか。自民党の利益誘導の政治家が、東電などの電力会社とメディアを抱き込み原子力は安全だという触れ込みで、推進して言ったからだと答えるであろうか。

私の答えを書いていきたい。少なくとも時代に欲されない技術は衰退し廃れていく。日本には、54基の原子力発電所が存在し、さらに15基の建設が進もうとしている。2008年現在、日本の原子力発電の割合は26%で、天然ガスによる火力発電についで多い。1位:天然ガス、2位:原子力、3位:石炭、4位:石油、5位:水力の順である。

二酸化炭素を排出しない、クリーンエネルギーとして原子力発電は実用化されている。原子力発電が広まった理由の第一点目である。

第二点目は、発電コストの安さが挙げられる。関西電力の調べによると原子力:5.3円、水力:11.9円、石油火力:10.7円、LNG火力:6.2円、石炭火力:5.7円で主要な発電に比べて最も安い。太陽光発電のコストが46円と言われているので、原子力発電のコストは約8分の1以下である。

実は、最も大きな要因は、原子力発電の原料となるウラン鉱石の供給のしやすさが上げられる。オーストラリアやカナダに多くの埋蔵が確認されており、国政が不安定な原油産油国に比べて、供給が不安定にならずに済む。

これだけの多くの事故があった原子力はなかなかその安全性を示すことは難しいのかもしれない。しかし、どのような代わりのエネルギーを用いて、日本の経済を支えれば良いのか。

コストだけで見れば、石炭は非常に魅力があるが石油による火力発電に比べて二酸化炭素の排出量が多い問題点がある。従って、クリーンエネルギーを開発しながら現場の原子力発電を続けていく選択しを取ることにならざる得ない。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています


スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 21:27 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

青年経済人って何?

 失礼ながら、唯の若者じゃないの?
今までの行き方しかないってんなら、あえて意見する意味ないんじゃない?

| sunspot | 2011/03/29 22:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/807-ef02c541

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2013/07/10 06:49 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。