或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大地震~中止と開催を考える~

浜松まつりは、早急に中止を決定した。一方でセ・リーグは開幕を決定し、パ・リーグは延期することを決めた。

浜松の方々は本当にお祭りが好きだ、本当に辛い決断だったのではないだろうか。祭りは誰のものなのか、常に感じるところである。

一方で、セ・リーグは輪環停電の中、ナイトゲームを行うことを決めた。野球が今回開催を決めたことについて2点問題があると思う。

1点目は、停電中に4600世帯の電力量を使用する野球場ならびに関連施設を運営することである。それだけの電力を消費することを強行して行う意味が見つからない。

2点目は、5万人規模の群衆が野球場で大規模な余震で被災することは考えられないであろうか。パニックになって将棋倒しや被害が拡大する恐れはないだろうか。万が一なった場合の責任はどこが負うのであろうか。

ヤクルトの宮本慎也選手が、私案としながらも考えを述べている。

 実行委員会が行われた15日、前プロ野球選手会長のヤクルトの宮本慎也が、「僕の私案」と断った上で、こんな提言をした。
「今年は交流戦をなくせばいいと思う。その期間中(5月17日~6月19日)は日程的に余裕がある。4月まで計画停電が継続するようだし、ちょうど5月開幕にした場合、4月分をそこで埋め合わせることができると思う。4月をいつもの3月だと思って、1カ月を使って週末にチャリティー試合をして、義援金を(被災地に)送ったりすればいいのではないか」
 ちなみに宮本は、プロ野球が被災者を勇気づけられるかということに関してはこう言った。
「勇気づけられるのは甲子園(大会)ぐらいだと思う。地元の高校生が甲子園で戦う姿だったり、そういうものが勇気を与えられると思う。(だから選抜)甲子園(大会)はやるべきだ。僕らが勇気を与えられるとか、言える立場じゃない」
 球団幹部より、よほどまっとうな考えではないか。
宮本「5月開幕」のまっとうな私案より引用



5月開幕にし、交流戦を無くそうという私案である。プロ野球選手が必死に被災地のことを考え、チャリティーをしようと働きかけているのに、プロ野球機構の面々は全く理解することなく己の利益のみを考えているようにしか感じない。

本当にそれで良いのか。ファンはついてくるのか、世論に押される行動なのか。疑問は尽きない。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/794-80553220

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。