或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

支持率が下がれば内閣総辞職も

支持率が下がれば政権は持たない。内閣総辞職もありうると発言したのは、内閣の一員である筒井農水副大臣である。内閣から倒閣の一言が出てきたとメディアは騒いでいるが、よく読むと当たり前のことを言っているに過ぎない。支持がされないのであれば辞職すれば良いと言っているようにも取れる。

 菅内閣の支持率がさらに低下すれば内閣総辞職もあり得るとの筒井信隆農林水産副大臣の発言をめぐり、政府・与党内で8日午前、波紋が広がった。菅直人首相サイドは、政権維持への意欲を強調して発言の沈静化を図るが、野党は「政権の求心力低下を示すものだ」として、政権を揺さぶる構えだ。
 枝野幸男官房長官は閣議後の記者会見で「首相は責任を果たしていく決意を明確にしている」と退陣を強く否定した上で、「内閣の一員であれば、首相の考え方に基づいて責任を果たすのが当然だ」と、不快感を示した。鹿野道彦農林水産相は記者会見で、発言内容を直接確認していないとしながらも「個人的な見解として、そういう思いを言ったのかと思う」と語った。枝野、鹿野両氏とも、筒井氏から直接真意を確認するかどうかについては言及しなかった。政府高官は「副大臣が言ってはまずい」と指摘した。
官房長官、筒井副大臣に不快感=野党「求心力ない証拠」-退陣発言が波紋より引用



そもそも、支持率で内閣の運命を決められるのは如何かと思う。私自身はもっと早く、総選挙を行うべきと考えているが、そもそもその考えも民主党内には無いようで、頭(総理)を変えればまだまだやれると考えているに違いない。

自民党もかなり考え方に幅がある政党であることは、言うまでもないが、民主党はどこに主軸があるのかすら分からないと常に言われている。何故なら、二大政党制を目指して作られた政党であるため政治的主張は必ずしも一致しない。

これもよく言われることであるが、未だに民主党には綱領が存在しない。考えは違うにしても自民党には綱領が存在する。

綱領と公約(マニフェスト)は両輪であり、綱領は長期的な主張や考えを示すのに大して、公約は短期的かつ国民に理解される具体的な政策である。

一体、民主党はどこに向かおうとしているのであろうか。大企業に重税を行い、消費税を減税し、各種手当を増やすのかとマニフェストを見るかぎりにおいては感じていたが、いつの間にか消費税を増税し大企業の減税を行おうとしている。かつ各種手当を増加使用とするからさらなる消費税(間接税)の増税が必要になる。政策に一貫性がないのは綱領が存在しないという政党本来の欠陥があるのではないだろうか。

総辞職し、内閣総理大臣が変わったら今度はまた違った政治が行われるのかもしれない。終始一貫した政治が、本来政権与党に望まれるべき姿で、正しかったか間違っていたのかは、選挙で総括すれば良いことであり中間で支持率を用いて行う必要はないと私は考えている。

したがって、今すぐに必要なのは内閣総辞職ではなく解散総選挙であることを付け加えておきたい。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/787-3197c170

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。