或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

方便で反対そして予算は成立できない?

社民党は、鳩山前総理の方便発言で特例公債法案に反対するらしい。主張が異なる民主党と社民党が連立を組み、普天間の問題で連立を離脱した。鳩山発言は、ひどいものだった。誰が聞いても耳を疑う発言だった。

社民党は17日、2011年度予算関連法案である特例公債法案について、反対する方向で調整に入った。

 民主党は同法案を衆院で再可決できる3分の2の勢力を確保するため、社民党と修正協議を進めているが、同法案の年度内成立は一層厳しい情勢となった。

 社民党の阿部知子政審会長は17日、民主党の城島光力政調会長代理と国会内で会談し、「特例公債法案は、党内が反対になりつつある」と伝えた。これに先立ち、社民党の福島党首は党常任幹事会で、「菅政権は(鳩山前首相の)方便発言があっても、微動だに(普天間関連予算を)見直す動きを見せない。予算関連法案が予算と大きくリンクしている面もある」と述べた。

 社民党は当初、特例公債法案に賛成する方針だったが、鳩山氏の沖縄県の米軍普天間飛行場を巡る「方便発言」などを問題視し、反対の姿勢に転じた。
社民、特例公債法案反対で調整…「方便」で一転より引用



民主党は衆議院で優位であるため、予算は通すことが可能であるが、赤字国債を発行するため予算関連法案を3分の2または、参議院で過半数を得るしかない。民主党と連立をすることで、4月の統一地方選の行方を気にする各党から完全に見放されているが、社民党だけが現状の民主党にとって3分の2を達成。予算関連法案を通すというシナリオであった。

社民党にしてみれば、予算で恩を売って普天間飛行場移設や法人税減税などの予算を修正させることが目的だったようである。だがここにきて、鳩山発言によって社民党はメンツをつぶされ完全にそっぽを向いた。

民主党は小沢問題が表面化、小沢氏を支持する議員が会派離脱をちらつかせている。ここまでなってしまっては予算どころかほとんどの法案をまとめる力は、今の民主党にまったくない。

正しいか正しくないかは、置いておいても終始一貫初志貫徹の予算や法案作りをし、その後の選挙で国民の真意を問うのが政党ではないであろうか。政治とは結果責任には違いないが、少し支持率が下がろうが短期的に非難されようが少しくらい選挙に負けようが行わなければならないことは行う必要がある。

簡単にいえば、本当に税金を消費税を上げる必要があるのであれば、正々堂々とその議論を行うべきなのである。野党が議論にのってこないなどと言い訳を言い、自民党が10%と言ったから10%でとか、10%を非難されたら生活必需品からはとらないとか所得制限を設けるとか、言ったことがころころ変わってしまっては本当に何を信じてよいのかわからない。

子ども手当の法律も、財源に法的拘束力がないことから現時点で時限立法となっている。ほっておけば無くなってしまう法律が民主党の肝いりの法案なのである。子ども手当のために財源を確保する名目で消費税を上げると言えばよいではないか(私は、しっかりと反対させて頂くが。)。

国民が、鳩山政権にこりごりしたのは、明日は違うことを言っていたからである。小泉元総理がすごかったのは言ったことはすべてやった。郵政民営化は必ず行うといえば、確かにそうなった。鳩山政権では普天間の問題も高速道路無料化もダム中止も何一つできなかった。

結果として残ったのは、国債残高が増えて、借金のほうが収入より増えている現状である。失われた10年を取り戻してくれるのが民主党と思っていた国民は本当に裏切られた。政治離れが続くのかもしれないが、必ず自らに跳ね返ってくるしっかりと勉強して正しい選択をする必要がある。できないと分かれば自分でやるしかない。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/782-c0db9183

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。