或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

天下三分の計

みんなの党、渡辺喜美代表が初の党大会を開催し、威勢が良い。

 みんなの党は29日、都内のホテルで平成21年8月の結党以来初の党大会を開き、渡辺喜美代表が次期衆院選について「民主党も自民党も過半数を取らせない状況を作ろう。みんなの党が絶対的なキャスチングボートを握れば、政権奪取ができる」と気勢を上げた。渡辺氏がねらうのは、民主、自民両党の二大政党に匹敵する勢力として躍り出る政界版「天下三分の計」。その第一歩が4月の統一地方選だ。



天下三分の計とは、後漢時代の末期の天才軍師諸葛孔明が説いたとされる政略で、魏(曹操)、呉(孫権)に対して劉備がその2つの国と闘うことなく、小勢力を拡大することを目指した政略で、魏呉蜀の三国時代を築くにいたった。すなわち、みんなの党は、蜀の国、劉備は渡辺喜美代表ということになる。

赤壁の戦いでは、曹操軍と孫権・劉備連合軍が闘い、20万を超える曹操軍を5万そこそこの寄せ集めの軍隊で知恵と度胸で闘い勝ち抜いた闘いである。

最大勢力曹操軍は300議席を持つ民主党、孫家三代が築きあげた孫権軍は自民党、新興勢力の劉備軍は、みんなの党と言ったところであろうか。

自民党(孫権軍)とみんなの党(劉備軍)は、赤壁の闘い(地方統一選)で共闘し、民主党(曹操軍)を破るという戦いになるということまで示唆されているのであれば非常に面白いが。

しかし、渡辺喜美代表は大切なことを忘れているが、三国時代は最終的には終わりをつげ司馬炎が、曹操の子孫、曹奐から禅譲され、西晋の国を興す。その後、呉の国も滅ぼされる。

民主党の代表から禅譲された新しい政党が、この国を席巻するということになるのかどうかは分からないが、三国時代が長く続くことは、なかったようである。

現代の日本においても、小選挙区制度をそのまま残すのであれば、このまま二大政党制が続くことが容易に想像できる。しかも、何度も政権交代が繰り返されるという国民にとって決して幸せとは呼べない状況が続くのではないだろうか。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


i-vote


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています



スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/776-8bf5c641

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。