或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日銀総裁人事

日銀総裁人事は、隠れた大きな問題である。旧大蔵省は、金融と財務の両方を統括していた。民主党の岡田克也副代表は、下記のように述べている。

衆参両院の同意が必要な次期日銀総裁をめぐっては、政府・与党は武藤敏郎副総裁の昇格を軸に調整。民主党は、武藤氏が財務次官を務めたことから、「財務当局の最高責任者を務めた人が金融の最高責任者になることに違和感を持っている」(岡田克也副代表)との声もあり、否定的な意見がくすぶっている。
日銀総裁選び増す混迷 つなぎ法案取り下げ 「空席」のリスクも与野党間にしこりより引用

財務の最高責任者だった人とは、武藤敏郎副総裁のことである。政府・与党は武藤敏郎副総裁の昇格を軸に調整とあるように、武藤氏で行きたいようである。3月19日には、任期満了を迎えるため必ず後任人事を考えなくてはいけない。政府・与党としては、何としても日銀総裁人事を無事行わなければならない。つなぎ法案を提出して、揮発油税の暫定税率を強引に成立させることは出来たが、人質の日銀総裁人事が懸案になったのではないだろうか。日銀総裁として思い出されるのが、竹中元総務大臣である。本気でなりたいと思っていたのではないだろうか。今となっては、全くありえないことであはあるが、当時は小泉の申し子として、カイカク・カイカクと叫んで、日銀総裁になられたのでは、たまらない。今のところ、武藤氏で決まりだと思うが、民主党内でも違和感を感じる人も多いようだ。

城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします。
ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。 FC2ブログランキング
人気ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。人気ブログランキング



スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 00:31 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/77-dae1d038

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。