或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

羽をもがれた「はやぶさ」

麻生政権下で17億円だった予算は、概算要求で5000万円に削られ、さらに事業仕分けで3000万円になった。小惑星探査機「はやぶさ」の大成功は、JAXAの技術者と民間企業の素晴らしい技術連携のたまものであるが、予算がつかなければプロジェクトすらままならなかったのは、言うまでもない。

「世界に冠たる快挙」なのに予算は減額? 
 宇宙航空研究開発機構の小惑星探査機「はやぶさ」の帰還に、菅内閣からは14日、冒頭の仙谷官房長官の発言をはじめ絶賛が相次いだが、科学技術予算を削り込んできた民主党政権の“現金さ”にあきれる声も出ている。
 菅首相は同機構の川口淳一郎教授に電話し、「日本の技術水準の高さを世界に強くアピールした」と称賛。宇宙開発担当の前原国土交通相も「宇宙開発史に画期的な一ページを加えた」との談話を発表した。
 しかし、後継機の開発費は、麻生政権の2010年度予算概算要求時の17億円が、鳩山政権の概算要求やり直しで5000万円に、さらに「事業仕分け」を経て3000万円まで削られた経緯がある。福山哲郎官房副長官は記者会見でこの点を問われ、「今回の成功を受け、11年度予算は検討したい」と述べた。
科学予算削減の民主、はやぶさ絶賛は「現金過ぎ」より引用



3000万円では、当然新しい探査機の開発は行うことすらできず、日本の宇宙開発はとん挫するであろう。どれだけ、素晴らしい技術者や研究者がいても国費の投資が無ければ、新しい人材は育たない。

宇宙開発がまったくの無駄と考える方も多いかもしれないが、宇宙でしかできない新薬の開発や新材料、はたまたエネルギー資源の発掘など地球上では計り知れない未来がそこにある。

また、最先端の研究を行うことで得られる成果は人材の育成だけではなく、効率の良いエンジンの開発や耐熱素材など様々な応用が考えれらる。そのような副産物が、得られるからこそ国家プロジェクトは非常に重要であり、技術立国日本を支えてきた。

数年のうちに困ることはないかもしれないが、資源も土地もない日本が、世界と対等に渡り合うためには技術と人材は大きな武器だ。国家ビジョン無き無駄の削減は無駄ではない部分も切ってしまうであろう。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/736-674c01e6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。