或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

デヴィ夫人 vs アメーバブログ

アメーバブログで不適切な発言を行ったとしてアメーバ側に処分されたことを、アメーバブログに不当に発言を妨害されたとデヴィ夫人がお怒りになっている。RBB TODAYの記事を引用させて頂く。

アメーバブログにて公式ブログを開設しているデヴィ夫人が、そのアメーバブログを痛烈に批判した。「アメブロの読者へ告ぐ」と題された23日のエントリーの内容は「このたび、北朝鮮のことで書いたことで、アメーバは、その内容が不適切だとして携帯からは見られなくするという工作をし、妨害しました」というもの。デヴィ夫人は21日に「北朝鮮問題」と題し「拉致事件を責める前に、日本が犯した罪も認めて、振り返ってみましょうと言っているのです」「拉致事件を解決するのに一番の近道は国交正常化です」との書き込みを掲載。22日には自身が「第12次 金日成花 金正日花の祭典」に招かれて北朝鮮を訪問した際の様子が、豊富な写真とともに綴られており、これらの記事に関する話だと思われる。
「北朝鮮のことでアメーバに妨害された」デヴィ夫人がアメブロに激怒



アメーバ側が不当に規制したのかどうかは、私では判断しかねるが、今回の騒動があったことでデヴィ夫人のブログを読む機会に至った。

記事内で、『拉致事件を責める前に、日本が犯した罪も認めて、振り返ってみましょうと言っているのです』と書かれているが、日本は罪を認めていると思うのだが、いかがであろうか。さらには、本当にそうだったか不確かなことまでかなり譲歩して認めている。少なくとも、北朝鮮は拉致問題という国際犯罪を謝罪したであろうか。

『拉致事件を解決するのに一番の近道は国交正常化です』については、そもそも北朝鮮を日本は国とは認めていない。外務省のホームページには、地域情勢として紹介されている。

国として認めてすらいない地域との国交など結べるはずもなく、拉致国家を許すということがあってはならない。早期の拉致の解決を望むが、その結論が国交正常だと私は到底思えない。

また、取り上げられているブログ:アメブロの読者へ告ぐで下記のように述べられている。

広島に原子爆弾が落ちなかった、
南京虐殺がなかったといったりするのと、 同じです。
朝鮮半島で日本軍が何も残虐なことをしなかったと、
それを隠そうとするアメブロの行為を受け入れることは出来ません。
アメブロの読者へ告ぐより引用



南京虐殺と原爆投下を並列で並べるのは、如何なものか。本当にあったことと本当にあったかどうかわからないことを並列に並べるのは、明らかなミスリードである。南京虐殺が無かったとは私は言うつもりはないが、あったと言われる筋合いもない。私が、ここで言い切れないのは日本の教育では、はっきりと教われないからであり個人としては確信を持っている。

上記のような内容を垂れ流すデヴィ夫人のブログに一定の歯止めを行ったアメーバブログ側の判断は正しいと私は確信した。

私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/726-98c58708

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。