或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外国人地方参政権

当ブログでは、幾度にわたって永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案について言及しているが、国益と国体の観点から外国人地方参政権について反対したい。

主に外国人地方参政権についてはヨーロッパ諸国並びに韓国で認めらている。ヨーロッパは、相互の国が相互に認めている関係であり、ヨーロッパは一つという意識に基づいているように感じる。

韓国の場合は、厳密な付与規定があり付与される場合が少数である。

憲法15条1項で参政権は国民固有の権利とされているのが論拠となっている。日本には在日韓国人や在日中国人が多くおり、国益に関わる地方選挙などで、少数派がキャスティングボートを握ることは非常に問題である。

日本の国益にとって妨げとなる法律を成立させようとすることは非常に問題であり、反対と言わざる得ない。憲法に規定されているのだから当然問題と考えられる方も多いかもしれないが、国民にとって不利益となることが起こりうる状況になることがそもそも問題である。

原口一博総務相は26日の記者会見で、政府が今国会への提出を検討している永住外国人への地方参政権(選挙権)付与法案について「総務省内で議論の整理を行った。民主主義の基本にかかわることなので、国会で議論してもらうことが必要だ。連立与党内でも立場が異なっており、政府提案はなかなか難しい」と述べ、今国会への法案の政府提出は困難との考えを示した。
原口総務相、平野官房長官、外国人参政権法案の「政府提出は困難」
より引用



今国会での提出は、断念したようであるが民主党は必ず再度提出を考えるであろう。今回提出を見送った背景には当然夏に行われる参議院選挙がある。参議院選挙で民主党が過半数を取れば、外国人地方参政権に反対している国民新党と連立解消し、再度の法案提出を行うであろう。

その時に、果たして民主党の保守はしっかりと反対といえるであろうか。自民党で、人権擁護法案が幾度と議論されたが保守派が食い止めてきた。果たして民主党にその大きな行動が可能であろうか。推進派の党首と幹事長の政党で可能であろうか、私は非常に疑問に感じる。私の意見に共感された方は、こちらをクリックお願いします。



人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 22:52 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

署名と拡散のお願い

オンライン署名 『ちょっとまって!夫婦別姓 選択的夫婦別姓の導入に反対します! 』
の署名にご協力お願いいたします。

この署名は、3月からまた再開したようですね。

http://www.shomei.tv/project-1310.html

拡散もできたらお願いいたします。
話題に関係ないことですみません。

| a | 2010/03/04 20:27 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2010/03/03 15:29 | |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/714-cf89f129

TRACKBACK

「外国人」参政権問題は「在日韓国人」へ参政権を付与すべきかの問題と認識しよう

大上段のタイトルですね。o(^-^)o こんな大きな問題を、この ブログで今日、本格的に とりあげるわけではありません。 たまたまちょっとだけ 触れてみようと。 なぜって、今日3月2日が 歴史的に意味がある

| 自分なりの判断のご紹介 | 2010/03/02 18:57 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。