或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

社民と協議したくない

タイトルは、国民新党の下地幹郎政調会長が発言した言葉だ。
国民新党の下地政調会長の発言を引用させて頂く。

国民新党の下地幹郎政調会長は18日、米軍普天間飛行場の移設問題で、同党独自の2案を、社民党の重野安正幹事長が批判したことについて「不愉快だ。社民党と基地問題の協議をしないという気持ちにもなりかねない」と語った。
 下地氏は、米軍嘉手納基地に統合するか、キャンプ・シュワブ陸上部に滑走路を建設する国民新党案について「沖縄県民に新たな民有地の提供を求める必要もなく、県民のためにも日米安保のためにもなる案だ」と強調した。
 北沢俊美防衛相と基地問題について協議後、防衛省内で記者団に語った。
「社民と協議したくない」 普天間移設で国民新・下地氏より引用



事の発端は、米軍普天間飛行場問題で、社民党の重野安正幹事長が、国民新党案に不快感を述べ非難したからとされている。気になったので、社民党の重野幹事長はどのように発言されたのかと思って調べた所、下記のように述べられている。

社民党の重野安正幹事長は18日午前の記者会見で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設問題で、国民新党が政府・与党の沖縄基地問題検討委員会に提出予定の米軍嘉手納基地(嘉手納町など)統合案やキャンプ・シュワブ(同県名護市)陸上部案について「果たしてそれが沖縄県民の思いと叫びに応える方策か。いかがなものかと言わざるを得ない」と述べ、不快感を示した。
社民・重野幹事長「県民の思いに応える方策か」 普天間、国民新の県内移設2案を批判
より引用



重野幹事長は沖縄の思いと発言されているが、沖縄県民の思いではなく社民党の思いではないだろうか。確かに、沖縄に基地が集中しているのは分かるし、普天間の基地が危ない所にあり、問題だというのも理解できる。

しかし、沖縄県の代表である下地政調会長の意見は、間接民主主義である日本の国政において非常に重たい発言であると思う。

皆さんはどのようにお考えだろうか。私の考えに御賛同頂いた方は、こちらをクリックお願いします。



人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/707-d74e47ca

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。