或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

外国人参政権

厳密には永住外国人に対する地方参政権(選挙権)付与法案と書くべきかもしれないが、小沢民主党幹事長が推進している。

小沢幹事長が、強烈に推進する地方参政権は、在日本大韓民国民団(民団)の悲願である。小沢幹事長が、党議拘束が掛けることができる政府提出の法案に拘るのは、民主党内から反対を出さないためである。

党議拘束がかかった法案に反対すれば、除名処分など厳しい処分が下るかも知れない。これほどまで、小沢幹事長が党議拘束に拘り、早期の法案の成立を望むかといえば、やはり参議院選挙が理由である。

民団などの団体から、支援を受けるためには、早期の法案成立は必要であろう。また、公明党も推進の立場であるため早期の成立ができれば、参議院選後の連携や前の連携もありうるのではなかろうか。

国民新党は反対の立場であるが、連立離脱となっても公明党が協力されれば、法案成立は時間の問題かもしれない。

 公明党の山口那津男代表は10日、NHKの番組で、夏の参院選の対応について「政権を失ったので、政党対政党の選挙協力は今考えにくい状況だ。これまで培った人間関係を中心に選挙の基盤を広めていきたい」と述べ、公認候補を擁立しない選挙区では、民主党の候補を支援していく可能性があることを明らかにした。参院選後の民主党との連携も排除しない考えを示した。
公明・山口代表 民主党候補支援の可能性に言及より引用



このところの発言や党人事などで、小沢氏との距離が近い市川雄一元公明党書記長が常任顧問に復帰するなど、党内の整備をしているように感じる。

自民党はというと内部分裂を起こそうとしている状況で、知名度のない谷垣氏を更迭し、舛添総裁就任、みんなの党と連携というシナリオが考えられる。

今こそ、保守勢力の結集が必要であるし、心ある政治家が今の日本には必要ではないだろうか。保守の台頭が、本当に望まれる。

私の考えに御賛同頂いた方は、こちらをクリックお願いします。



人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 00:04 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

署名と拡散のお願い

オレンジいろのあささんからの情報です。

東京都神社庁の「外国人参政権法案・夫婦別姓法案反対署名運動」にご協力お願いいたします。
http://orange-daidai-color.cocolog-nifty.com/orangeblog/2010/01/post-599c.html

国民の力で、売国法案を断固阻止しましょう。

| a | 2010/01/13 15:21 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/699-264d5000

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。