或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

高橋洋一元東洋大学教授

朝まで生テレビをたまたま見ていたら、高橋洋一元東洋大学教授が久々にテレビに登場していた。さて、過去に当ブログでは高橋氏について『高橋洋一教授逮捕』と題して2009年3月30日にブログを書いている。その後、起訴猶予にはなるもののウィキペディアによると東洋大学を懲戒免職になっている。


高橋洋一著 恐慌は日本の大チャンス

大蔵官僚から、竹中総務相のブレーンにまで上り詰めた方が、時計の窃盗事件で逮捕というのが、非常に私は不思議だった。月日は流れ、政権交代が行われ、そして再度、高橋氏がメディアに登場するようになった。これは何を意味するのであろうか。

政府紙幣25兆円を発行せよ! 元財務官僚の高橋洋一東洋大教授が効用語る』の記事が2009年2月12日に報道され2ヶ月以内に逮捕されている。

所謂、政府紙幣発行が非常に意味がある。これだけデフレになって市場に金が回らない状況になっているのであれば政府紙幣を発行することで解決ができるというのがおおよそのスキーム(過程)である。

しかし、上記のことがまかり通ってしまえば財務省が描く消費税率アップの理由が無くなってしまう。エコノミストの勝間氏は、テレビ朝日で日銀が債権を購入する提案を行っていたが、政府紙幣を発行することのほうがより直接的ですばらしい。

山崎氏によると高橋氏は大きな間違いを犯しているようだが、小泉竹中構造改革で有名になった高橋氏が政府紙幣を取り上げて有名にしたことは非常に意味があったと思う。また、財務省にとっては非常に都合が悪かったようである。

すべては、高橋洋一著 恐慌は日本の大チャンスで語られていると朝まで生テレビで語っておられたが、非常に気になった。

私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/682-fff6aa53

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。