或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

拉致対策費の増額

拉致対策費が、今年度予算の3.5倍を要求される見通しを毎日新聞が伝えている。

 13日に発足した政府の新しい拉致問題対策本部(本部長・鳩山由紀夫首相)の来年度の拉致問題対策推進費として、内閣官房が今年度予算(5億6800万円)の3・5倍にあたる約20億円を要求する見通しとなったことが分かった。従来は拉致被害者家族の支援や広報啓発活動に重点を置いていたが、今後は海外などでの情報収集を強化する。
北朝鮮・拉致問題:新本部、対策費3.5倍要求 海外情報収集を強化
より引用



今まで5億円程度だったことにも驚かされるが、単純に予算が増えただけで喜んではいられない。拉致問題に早期から関心があった中川元財務相は、すでに鬼籍に入ってしまった。

拉致実行犯釈放嘆願書に署名している菅直人副総理や千葉法務相が、閣僚入りしている民主党政権で、北朝鮮に対して本当に強い姿勢で望めるであろうか。私には疑問である。

民主党のすべてを肯定するものでもないし、すべてを否定するわけではないが、拉致問題の予算を増やしたからと言って喜んではいられない。

浜松ブルーリボンの会は、地道にそして着実に拉致問題に取り組まれている。

政府の取り組みとして予算を増やすことも必要だが、ブルーリボン活動を国民がもっと知り応援できるような活動や運動が必要ではないだろうか。学校で教えるとか、タウンミーティングを開くとかいろいろと方策はあると思う。

拉致問題は、誘拐という犯罪行為というだけでなく、国家の主権が脅かされたという問題もはらんでいる。主権がない国家は存在しない。国民の安全安心を守り、正しいことを正しいと言えるようにならなければならない。

私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 16:24 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

自民党政権化でもそのようなうわさはありました。
ここでは書けないことがいろいろとあったのだろうと推測しています。

| 新三 | 2009/10/24 17:27 | URL |

嫌なことをつい考えてしまいました。まず、本当に、拉致対策費にそれだけ必要なのでしょうか?ひょっとすると、ほんの2~3人を北朝鮮との取引で日本に連れ帰り、更なる政権支持率の上昇に努めようとするもので、その時の代金のためではないでしょうか?当然それで拉致事件は終わりにして、国交正常化、資金援助が始まるわけです。そして急激な対策費増額は相手方へのサインでは、と疑ってしまいます。又、北朝鮮サイドではそのように受け取っているのではないでしょうか。2~3人の工作員化したまだ誰も名前を知らない拉致被害者が戻ってくる可能性があります。でも、その真相は闇の中。

| sikibi | 2009/10/19 22:07 | URL |

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

湯浅氏は期待しています。

大学の先生の中には、私と考えが異なる方も多くおられます。

最近忘れていないかと思ってブログに書いてみました。

| 新三 | 2009/10/18 10:26 | URL |

菅直人・千葉景子は本当にこの国を滅ぼそうと企んでおりますね。
マイミクさんから教えて頂いたのですが、「湯浅誠」が菅直人の要請により国家戦略室の参与として就きました。

確かに、小泉改革によって「格差」を生んだのも事実ですし、「湯浅誠」の主張が多少わかるのですが、中核派だということ。
ここも注視しなければならないと思います。

やはり、外交では衝突してでも国益を守らなければならないのに、閣僚などの顔ぶれを見てますと、拉致問題解決には期待できません。
そうは言ってても、一日も早く拉致被害者がご家族のもとに戻ることこそが、崇高な日本国民であって、少しだけ様子を伺わなければならないのかなぁと思っております。
でも一刻の猶予も無いんですよ、拉致問題!

| Osaka_man | 2009/10/17 18:08 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/671-6c953b0b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。