或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夫婦別姓

夫婦別姓に積極的賛成の千葉法務相が9日に夫婦別姓について言及している。過去の発言ではあるが、千葉法務相は下記の発言も行っている。

千葉法務大臣
画像は千葉法相 拉致犯釈放嘆願署名「うかつだったのかな」より引用

千葉法相は「(夫婦別姓が)これまで実現しなかったことが異常だ」とも述べた。平成8年に法相の諮問機関が選択的夫婦別姓制導入を答申し、これに沿った法務省案が作られたことなどを指した発言だ。自民党法務部会で独自の改正案が示されたこともある。
夫婦別姓 家族の絆を壊しかねないより引用



私は、夫婦の性については、同じであることが望ましいと思っている。例えば、結婚式は、家と家との結婚式であり個人のつながりではない。すなわち新しい家族が同じ性になるのである。それは非常に重いことであり、思いことである。

権利が増えるということは一見よさそうに見える。しかし、自由は非常に窮屈でもある。少しの規制が必要な場合も多い。家族が崩壊すると言う意見もあるが、名前を変えたことで家族が崩壊するわけではないと思うが、危機的状態においては引き金になることがあると思う。

夫婦別姓については反対であるが、非嫡出子の嫡出子と同等の扱いを行うことについては、賛成である。法的に非嫡出子(隠し子)は相続が少なくなるなど、問題がある。養子縁組を行えば、嫡出子として扱われるが、難しい場合もあるであろう。

私が、非嫡出子の問題に言及するのは、理由がある。フランスでは危機的状態といわれた出生率の低下の歯止めが打て現在では2.0を超えている(読売新聞)。様々な働き方の制度も大きな理由であるが、婚外子(同姓などの子ども)が非常に大きな割合を占めている。

ある意味で、夫婦別姓を認めることになるが、フランスでは婚外子が50%を超えている。非嫡出子を認めることで危機的な出生率の上昇が望めるかも知れない。

私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:39 | comments:4 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

Re: タイトルなし

あさみさま

コメントありがとうございます。
その通りだと思います。

ただ、日本は資本主義です。
出生率が下がれば、税収が減り、
社会保障の仕組みが崩壊するかも知れません。
私は、その点が気になるのです。

| 新三 | 2009/10/17 16:31 | URL |

夫婦別姓、非嫡子問題、子供手当など今言われている様々なことが時代に
合っていてそうしないと結婚できない、子供も産めない産まれない時代になって
しまっているのかと思うと悲しいです。
正直、夫婦別姓に関しては「名前を変えない利便性」が表に出て結婚というより
同棲しているのと同じように感じますし、非嫡子問題は浮気してでも子は作れ、
といわれている気がします。子供手当も「自分の将来のために子供を産める人は
どんな人でも産める様なら作れるようなら子供をどんどんつくりなさい」といわれて
いるようです。
「将来を誓い不貞はしない」「子供を産めば親が責任もって育てる」当たり前だと
思っていたことがこうした法案ができることにより当たり前ではなくなる気がしてなりません。
日本という国は人口さえ保てれば、「結婚」や「家」という考え方をしない国家になっていこうと
しているのか、と思います。
世間体、経済的、今までの生活、様々なことを変えて他人が他人と一生を共にす
る覚悟、他人を産んで育てるという覚悟、そういった覚悟と責任で生まれ育まれて
きたモラルがこの国にはあったはずなのにそういうものが薄れてとんでもない方向に進んでい
くのではないか、という気がするのは私が古い人間だからでしょうか?

| あさみ | 2009/10/13 13:37 | URL |

Re: タイトルなし

散策さま
コメントありがとうございます。

生活を行っていて働いている方は、会社で元の名前を名乗られる方も多いと思います。別姓だから結婚の敷居が低くなるわけではないと思います。
晩婚化は結婚相手の年収や働き方が多様化したためだと思います。
なかなか難しい問題です。

| 新三 | 2009/10/13 00:00 | URL |

夫婦別姓のほうですが、宮台さんが、少子化の原因が晩婚化(結婚した世帯は、2人ぐらい子供をつくる)であるから、女性の結婚のハードルを下げる意味で、別姓を認めることは有効というロジックでした。私は、男性なので、何とも言えませんが、旧姓への愛着、自己の一部であるような感覚、両親と切れてしまうような感覚などあるのかなあと。想像です。

| 散策 | 2009/10/12 18:53 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/670-7b329d3d

TRACKBACK

政権成立後一月民主党GoodJob!、選択的夫婦別姓法案の早期実現にも全面的に賛成

民主党政権が成立してから一カ月、非常に素晴らしい政策が次々用意されている 八ツ場ダム建設中止を始めとする不要不急の公共工事の中止凍結、公務員天下りの完全禁止、 麻生前政権が作った馬鹿げた補正予算の執行停止など、その方向性は称賛されるべきものだ コンクリ...

| 愛国心なんか糞食らえ | 2009/10/17 20:14 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。