或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

保守は死んだのか?

4日に急死された中川大臣の葬儀が昨日行われた。56歳あまりにも早すぎる死を多くの方々が悔やみ悲しんだ。

中川昭一氏追悼
中川昭一氏追悼 見果てぬ「青嵐会」の夢より引用

中川元財務大臣の父、一郎氏は青嵐会を結成し、自民党内で保守勢力を結集した。時は流れ、中川元財務大臣は超党派の勉強会、真・保守政策研究会を結集する。その数、最大事には77名にも達し、もっとも保守が現状で輝いていた時代なのかも知れない。

時は過ぎ、現状を見渡すと中道左派と呼ばれる民主党が与党として日本政府を構成している。保守政党であった自民党は、いつの間にかその対立軸を失い、何の魅力もない政党になってしまった。自民党をぶっ壊すと言った小泉元総理の公約通り、自民党はぶっ壊れたようである。

民主党がここまで大きな勢力になれば、誰も異論を現状に唱えることはないであろう。それが間違っているとかは、全くどこにも相手にされず、メディアは追従し、自民党政権が残した膿を民主党が出すといった論調で常に報道する。

このまま行けば、一年後の選挙で民主党は完全な与党と呼ばれることになっているであろう。自民党は、わざわざ鳩山総理の個人献金問題を追及するために専用のポストを準備した。そんなことをするくらいなら10年を見据えて可能性のある若手政治家を支援し、民主党に対抗できる力を結集すべきではないか。

今の民主党があるのは結成以来、少なくとも政権交代に主眼を置き、若手政治家を育ててきたからであり、新しい力を発掘してきたからであると思う。今の自民党に足りないものは先を見据えたプランであり可能性のかけらも感じない。

保守の代表であり、若手政治家の見本が亡くなってしまった。それは非常に残念であるのだが、意思を告ぐ若手政治家がまだまだ多くいる。保守回帰、保守復活、その言葉の元、新しい力が結集すれば青嵐会が結集され新たな政権が生まれるに違いない。

私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


中川昭一先生著:飛翔する日本

浜松のお宿は下記をどうぞ
        
浜松サゴーホテル   浜松サゴーイン  浜松サゴーターミナルホテル



ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:16 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/669-46c9772b

TRACKBACK

【報道】最高裁の裏金、メデイアの後追い取材を期待する

昨日、アンネさんというかたからコメントをいただき、最高裁の裏金について週刊プレイボーイに記事があるとのことでした。本屋に立ち寄ると返品前の在庫がありました。【日本の司法をダメにする「最高裁事務総局」の正体】という題で短期集中シリーズで10月12日号は第一回...

| 散策ツー! | 2009/10/11 09:25 |

編集後記

10月16日発売の撃論ムック「迷走日本の行方」の校了が終わった。終わってから高熱を出して寝込み、故中川昭一氏の通夜にも告別式にも参列できなかった。10月16日発売の「迷走日本の行方」の編集後記を転記する。

| 酔夢ing Voice - 西村幸祐 - | 2009/10/10 14:45 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。