或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

解散総選挙大予想

7月5日には静岡県知事選が、7月12日には東京都議選が行われる。7月12日以前に総選挙が行われることは考えにくい。現状の自民党の状態を考えると、公明党がしっかりと力を発揮できる状態で総選挙を迎える事が最善と考えるからである。

党首討論で発言する麻生総理
画像はイザより引用

裏を返せば、7月以降はいつ総選挙があってもおかしくない状態となる。但し、衆院解散は天皇の国事行為であるため、天皇陛下が外国ご訪問(7月3日~17日)から帰国された後、解散総選挙という可能性はある。そうなった場合、7月下旬公示となり投票日が8月2日または9日となる。

しかし、東京都議選で振るわなかった場合、この影響を受けないように考えると、8月上旬解散、8月中下旬公示8月30日または9月6日投開票となる。

どちらにしても8月中または9月上旬の投開票が予想される。

総理は、近々の6月下旬に政権浮上のために内閣改造を断行するであろう、5大臣(総務相、地方分権改革担当相、国家公安委員長、沖縄北方担当相、防災担当相)を兼務する佐藤総務相と3大臣(財務大臣、内閣府特命担当大臣(金融担当・経済財政政策担当))を兼務する与謝野財務大臣は兼務を解かれると思われる。

これによって、政権浮上を成功させ静岡県知事選、東京都議選を勝ち抜きたいと考えているのではないだろうか。しかし、実際はかなり厳しい戦いとなる要素が大きい。都議選で破れた場合、麻生降ろしの再燃が行われ選挙の顔が変わることは充分に考えられる。

次の選挙は総選挙ではなく総裁選と揶揄されてるが実際にそうなる公算もある。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。


日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

平沼先生の新書:七人の政治家の七つの大罪

 関岡先生の著書:拒否できない日本 

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/577-0ff0571c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。