或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

臓器移植法案可決

問題も多い法律で、脳死=人の死とする点は違和感を覚えるが、難病の子どもたちが移植で救われる道が出来きたことに素直に喜びたい。

成立した経緯を読者の皆様と一緒におさらいして行きたいと思う。

A案・・・15歳未満の臓器移植を禁じる現行法の制限を撤廃し、家族の同意で可能にする
B案・・・移植可能年齢を12歳以上に引き下げる
C案・・・脳死判定基準を厳格化する
D案・・・15歳以上は現行法を維持し、15歳未満は家族の承認などを条件に提供を認める
焦点はD案の成否 臓器移植法改正案、18日に衆院本会議で採決
を参考に作成


産経新聞の記事を参考にA案・B案・C案・D案を併記させて頂いた。A案から順に採決を行い。法案が成立した時点でその後の法案に対しては採決は行われない。A案が成立したためその後の採決は行われなかった。

法案は提出順に採決を行われたので、例えばC案が最初に採決されても良かったはずである。
C案=>現行法=>B案=>D案=>A案の順に制度が緩和される事が考えるとC案、B案、D案、A案の順に採決が行われていれば異なる結果となっていたかも知れない。A案を通すための法案の提出順であったことは否めない。

一番の問題は虐待を受けて脳死となった子どもたちが、ドナーとなることである。

様々な問題があるにしても、私は難病で助からない子どもたちが救われる道が出来たことを評価したい。現状の医療ではどうしても救えない子どもたちがいる。もし、私が脳死になったとしたら余すことなく臓器を使って頂きたい。そんなことを考えた法案成立であった。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

平沼先生の新書:七人の政治家の七つの大罪

 関岡先生の著書:拒否できない日本 

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:51 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/576-90ac0b73

TRACKBACK

臓器移植法改正案衆院可決・・それぞれの思い

「臓器移植法」が衆院可決されましたが、 この先どうなっていくんでしょう・・・。 これは、本当に難しい問題ですね~。 軽々には、語るこ...

| わんばらんす | 2009/06/25 01:25 |

難しい問題だな・・・

意見が分かれそうな法案ですね・・・ 「脳死は人の死」案、衆院通過 / 臓器移植法改正、子どもに拡大 2009年06月18日14時12分 高知新聞  衆...

| 新しい世界へ・・・ | 2009/06/21 21:24 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。