或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日本郵政の社長続投案件

私が応援する城内実(きうちみのる)さんが、日本郵政の社長続投案件に対して非常に興味深いことを『◎ 政 治 ◎ 麻生総理西川社長続投を容認』と題して記述されている。

鳩山総務大臣と西川日本郵政社長
画像はイザ(鳩山総務相)イザ(西川社長)より引用

実は、昨日日本郵政の人事に対して、『パンドラの箱を開けた鳩山総務相』と題して当ブログで紹介したが、城内さんが上記のタイトルでブログを書いていることを知らずに私(新三)はブログを書いたので、非常に驚いた。それだけ衝撃的な総理の発言だったと思えば当然のことなのかも知れないが。私には少なくとも麻生総理は、鳩山総務大臣を見放したように感じた。

鳩山総務大臣と言えば、太郎会の会長である。太郎会の説明は、戸井田代議士のブログに譲るとして、側近中の側近である中川元財務金融担当大臣が辞任した現状では、最も距離が近いと言える。その鳩山総務大臣を辞任させてでも守らなければいけない西川社長と言うのは麻生総理にとってどのような存在なのであろうか。



自民党にとって絶対にあけてはいけないパンドラの箱こそ、郵政民営化である。ここで、経済アナリスト 森永 卓郎氏の『かんぽの宿売却問題は大疑獄事件の一端である』を紹介したい。この記述は、3月に書かれたものであるが、ダイヤモンドの記事と同様に非常に的確な指摘を行っている。

 わたしはこの問題を、ロッキード事件やリクルート事件と同じような、非常に大規模な疑獄事件の一端であると考えている。かんぽの宿問題は徹底的に事実究明すべきである。だが、国会議員もメディアの報道も「麻生降ろし」「中川大臣辞任」に目を奪われてしまっているのは気がかりだ。
かんぽの宿売却問題は大疑獄事件の一端であるより引用


森永氏はかんぽの宿の問題をロッキードやリクルート事件と同じような事件と考えているそうである。「記憶にございませんと」西川氏が言ったか言わないかは分からないが、私も同じようにかんぽの宿は国民がしっかりと知らなければならない問題と考える。所管の大臣が問題としているにも関わらず、何故、問題にならないのであろうか。私は疑問でならない。

パンドラの箱には最後に、希望が詰まっていたが(諸説あり)、果たして郵政民営化に新たな希望が見つかるであろうか。私にはしっかりと城内実(きうちみのる)という希望が見えている。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

平沼先生の新書:七人の政治家の七つの大罪

 関岡先生の著書:拒否できない日本 

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:05 | comments:1 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

大疑獄事件でしょう

| Orwell | 2009/06/05 23:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/567-64808d5a

TRACKBACK

日本郵政の指名委員会と第三者検討委員会はお手盛り委員会

相変わらずマスコミの偏向報道が続いています。 日本郵政の指名委員会が西川氏再任を決めたことで西川善文氏は続投の信任を得ている、かんぽの宿問題でも不動産売却等に関する第三者検討委員会が「「経営判断の範囲内」と妥当性を認める判断を示した」と報告している。そ...

| ライフログ ダイアリー | 2009/06/06 22:11 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。