或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自民党世襲制限見送り

世襲とは、様々な定義があるようだが3親等の親族が同一選挙区から連続して出馬すると言う定義が一般的である。少々分かりにくいので例を挙げるとすると、3親等とは、甥やひ孫までを含む、例えばいとこは4親等となる。従って、選挙で引退をした場合、甥や姪や息子、娘、孫、ひ孫に同一選挙区を継がすことを禁止すると言い換えても良い。

選挙に出られなくなるのではなく、政党から公認されなくなるだけなので、職業自由の制限を伴った憲法違反とは厳密にはいえないと私は考えている。実際、無所属での闘いは非常に厳しいものとなるのでかなりの制限を受けることにはなる。

小泉元総理と次男進次郎氏
画像は、イザより引用

しかも、現時点の世襲議員が今後の選挙で公認されなくなるということもなく、新人候補が公認の制限を受けると言うことすらも自民党では見送りになった。その背景はと言えば、昨日のブログにも登場いただいた小泉家である。

小泉元総理は、次の総選挙には出馬せず、次男の進次郎氏に地盤を引き継ぐことを名言している。自民党は世襲制限を行ったとしても進次郎候補に対抗馬を立てるわけでもなく、きっと追加公認するつもりであったのであろう。しかし、メディアに叩かれたこともあり、簡単にそのような動きを取りづらくなったようである。

もし、進次郎氏に対抗馬を立てるような事があれば、小泉父が黙ってはいないであろう。党をぶっ壊すと言って様々な仕掛けや新党結成に動きを見せる可能性もあったわけである。

さらには、総裁選前倒しの動き、明らかに麻生政権を牽制し、世襲を牽制したと思われる動きである。世襲制限、まさかの爆弾が今にも破裂しそうである。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

平沼先生の新書:七人の政治家の七つの大罪

 関岡先生の著書:拒否できない日本 

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 00:09 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

小泉純一郎の息子さんたちってイケメンばかりですね。
孝太郎も進次郎もチョーカッコいい。
別れて認知してないらしい三男もチョーイケメンらしいですよ。

でも小泉純一郎って村山富一の次に売国奴ですよね。
その村山富一を上回るのが民主党政権になったとき。
民主党・白眞勲 『日本はアメリカの様に多民族国家を目指せ!!』

あ、ロリコン性犯罪者の植草一秀って朝鮮人の回し者だね・・・
狂ったように自民党だけを叩いて民主党支持してる。。。
なんか在日がかなり支援してるらしい。。。

| いちご | 2009/06/03 17:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/565-926e47aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。