或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

何処に行くのですか佐藤さん

佐藤ゆかり田中眞紀子もちろん、佐藤さんとは岐阜1区公認だった佐藤ゆかりさんだ。報道陣に囲まれ、党の方針に従いますと話したそうだ。杉村太蔵氏は、『公認するかしないかは党の勝手、でも出るか出ないかは私の勝手です』と杉村氏と佐藤氏はかなり違うようだ。ある意味で佐藤氏の方が大人と言うことだろうか。岐阜1区支部長と言い張ってきた佐藤氏が突然その言葉を発しなくなったのはここ最近の話である。まるで、こうなることを事前に察知していたかのようである。察知した佐藤氏と察知できなった杉村氏では政治家としての嗅覚が違うと言うことか。しかし、杉村氏のほうが打算がなくて好感が持てると言う人もいるのではないだろうか。正直私もその中の1人である。佐藤氏と野田氏を比べた場合、当選5回、大臣も経験、さらに非公認でも勝ち上がる地盤の強さを見れば、誰でも野田氏を公認したくなるであろう。しかも、郵政選挙で自民党に風が吹いていた、前回とは大きく異なり、間違いなく自民党に風は吹かないであろう。そう考えれば、何処の選挙区でも出来る限り票が取れる候補がほしいと考えるのは当然である。自民党内部でも、評価が高い佐藤氏であるが、今後の選挙区の調整は難航を極めるのではないだろうか。てっきり東京5区で決まりと思っていたが、どうやら簡単ではないようである。

実際、党内には、東京比例代表選出の小泉チルドレン、大塚拓氏を推す声も強く、都連所属の自民党代議士は「大塚氏は地元区議などをかなり回っており、大塚氏でほぼ決まりだろう」との見通しを示す。
 しかも、都連は、選挙区が決まっていない東京比例代表選出の猪口邦子氏も抱えている。佐藤氏にとっては、まさに「一難去って、また一難」。生死をかけたチルドレン同士の戦いが再び勃発する気配が濃厚だ。
佐藤ゆかり、女の戦いに敗れ国替え東京バトルより引用

佐藤ゆかり氏を新潟5区にぶつけるのはどうだろうか。勝手な案だが非常に面白いと思う。新潟5区は、田中角栄氏の牙城であり現在も角栄氏の娘である田中眞紀子氏が守っている。自民党関係者には田中眞紀子氏を良く思わない人も多く何とかしたいと考えているのではないだろうか。無所属の田中眞紀子氏が小選挙区で落選することは即議席を失うことにつながる。全国的に知名度がある候補でないと田中眞紀子氏を破ることは難しい。そう思うと良い案だと思うのだが、自民党選対はどう考えるのだろうか。楽しみである。

城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします。
ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。 FC2ブログランキング










スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/55-372ab954

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。