或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

やねだんに見る地方自治の原点

やねだんは、ウィキペディアによると、『柳谷(やなぎだに)は、鹿児島県鹿屋市串良町上小原にある集落。約300人が居住。通称やねだん。』とのことのようだ。

最近、メディアで騒がれている『やねだん』は、地方自治の原点ではないだろうか。私が、浜松まつりで問題があっても少々のことは目をつぶって頂きたいとお願いするのも、日本人はどこかで伝統や文化や地域を忘れてしまうのではないかという点である。

お祭りは、お酒も入るし緊張の糸が切れるため問題が起ることも多いのであろう。私は当事者では無いのでどうすることもできないが、どちらの立場も理解することは出来る。

やねだんでは、地域活性、まちづくりを地域のみなさんが自分たちの力で行っている。右肩上がりの経済成長を続けて来た日本では成り立っていたことが段々難しくなってきた。税金もきっと上がるだろうし、福祉や公共サービスも低下するであろう。

しかし、日本の金融資産は1500兆と言われそのうち800兆円はたんす預金だと資産されている。国民が欲しいと思うものが提供できれば、インターネットが発達した現在ではどんな地域でもお金持ちになる可能性があるのではないだろうか。

やねだんでは様々なアイデアがあると『フジテレビのとくダネ!』では報道されていた。サーバーアクセスが集中して現在は閲覧することが出来ないが、芸術家を集めるために開設された迎賓館は、過疎が深刻な素晴しい田舎を逆手に取った素晴しいアイデアである。

地方自治体が、住んでくれれば補助金を出すと言った制度はあるが、迎賓館の制度は提供する側もされる側もWin-Winになりしかもほとんど持ち出しが無い素晴しいアイデアである。

幸い、浜松の北には大自然の天竜区がある。元の天竜市と旧春野町旧佐久間町旧龍山村旧水窪町の市町村は、人口こそ少ないが大自然という素晴しい財産がある。この地域を生かすも殺すも私たち市民のアイデアではないだろうか。

十数年の歳月を経てやねだんでは新しい取り組みが様々な花を開かせている。待っているだけでは本当の地方分権は無理なのではないだろうか。積極的に行動することこそ地方分権を実現できると感じた。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

平沼先生の新書:七人の政治家の七つの大罪

 関岡先生の著書:拒否できない日本 

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 10:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/547-ec0e78e5

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。