或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

浜松まつりに対する誹謗中傷

浜松まつりが終わりを告げた。静岡県内では花火大会が中止や規模縮小となるなか、浜松まつりは過去最大数の町が参加するなど明るい話題も多かった。

しかし一方で残念なブログを発見したので紹介しようと思う。

モラル無き祭り『浜松祭り』がそろそろピンチのようです。』と題して浜松まつりに対して誹謗中傷を送っている。あまりに酷いので抗議の意味を込めて書き記したい。

市民の皆さんが一所懸命に雨にも負けず不況の厳しさにも耐えて頑張った浜松まつりを簡単に誹謗するのは許せなかった。私もお祭りの協賛金集めなどを行うが、祭りの協賛金はしっかりと集まったであろうか。きっと大変だったに違いない。

ブログでは昼の様子を書いているが、屋台が出るのは、浜松まつりのサイトにもあるように夕方を過ぎてである。昼間は、子どもの誕生を祝って凧揚げを行っているので、写真を写した街中には、祭り関係の人はほとんどいない。それが証拠に、その時には使わないから、屋台にカバーが被せてある。

何故、凧場の様子を載せないのであろうか。恣意的としか思えない。中日新聞では人手148万人と伝えている。


映像は、浜松まつり 激練りより引用(2008年撮影)

記事では、モラルの低下を訴えているが、何らかの被害があったことを伝えているだろうか。1年に1度くらいお祭りの時ぐらい羽目を外すことはそれほど問題があることであろうか。

さらに、他の記事でも浜松を侮蔑する記事が存在する。『浜松市ヤバイ!政令指定都市なのに廃墟っぷりが凄い! 』と題して1月に記事を書かれている。確かに、浜松市の街中は特に休日人通りが少ない。

1点は、ビジネス街であること、もう1点は車社会であるからだ。ある意味で、それぞれの形が街にあっても良いのではないだろうか。人手が多いから良い街ではないであろう。記事を書かれた筆者は浜松のことがよほどお嫌いと見えるが、何がそのようにさせるかは良く分からない。

それぞれの街や文化や風俗を知らなければ語れないこともあるだろう。激練にしても伝統と文化がそこには詰まっている。分からない人間が非難するレベルのことではない。あまりにも腹立たしいのでブログに書いてしまったが、本来は多くの読者の皆様には知らなくて良いことなのかも知れない。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

平沼先生の新書:七人の政治家の七つの大罪

 関岡先生の著書:拒否できない日本 

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 19:04 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

原点回帰を目指して

で、
新三氏は文化を知るために、「ナンパ会場ではなく、男のプライドがぶつかり合う浜松まつりの文化の核心部分」に本気でぶつかっていく勇気はお持ちになったのでしょうか?

「勇気がいること」に本気でぶつかっていくという努力をしないまま、ナンパのみを積極的に是認されても不愉快です。

とはいえ、浜松まつりほど参加者の意識のレベルに高低差のある祭事は少ないでしょう。凧場にも来ず、「酒飲んで女の子をひっかけてイイ感じになってしめしめ」を浜松まつりだと思っているレベルで浜松まつりの参加者として見られてしまうわけですから。
でも、「凧合戦が頂点」という観点からすると、「まつり本番に合戦回避」や「ナンパオンリー」は、まつり参加のすそ野としては不適切なんですよね。
そういう点で、来年の凧をどうやって原点回帰の流れに持っていくか、とても楽しみです。

| 酒上不埒 | 2011/11/20 10:09 | URL |

Re: 本文に同感です

コメントありがとうございます。
乱暴な言葉遣いはお止めください。
正しいことを書かれていても言葉遣いで、
間違った印象を与えます。
文化を知ることは難しいです。
なぜなら本気でぶつかっていく必要があるからです。
外部から来た人間にとっては少々勇気がいる事です。

| 新三 | 2009/07/29 23:21 | URL |

本文に同感です

そもそも、引用元の様な浜松まつりが嫌いな人は元を辿れば(先祖まで含めると)浜松出身でない場合が多いのです

逆に言えば、浜松に住むからには浜松まつりという文化を理解した上で住んで貰いたいです

仕事の都合で住んでるならそういう文化だと諦めるべきでしょう

ただ、元来浜松まつりが行われていなかった新参町だと若干別ですが

あと思うのは、凧に出ずに練りだけ出るのはクソです(出たくても出れないなら別ですが)

初家さんを祝うのはどうでもよく、ただ騒ぎたいだけとしか思えません
騒ぎたいのはおおいに歓迎ですが(私もその一人ですし)、初家を祝う気持ちも大切だと思います

祝って貰って、祝う
当たり前と言えば当たり前です

| とある浜松市民 | 2009/07/29 17:46 | URL | ≫ EDIT

>凧揚げが楽しいと思わない方でも、酒を飲むことで祭りに参加しているのだと思います。
それが祭りの本道からの逸脱だといいたいのです。結果として現状では「え~昼間凧場行くの?女の子誘えんジャン!?」という連中がこれ以上増殖してしまえば、本道からの逸脱部分のほうがメインストリームになってしまいますよ。新三氏の発言は、祭りを擁護していただいているように見えて、祭りの崩壊を追認しているように思えてなりません。


>都会だと人間関係が希薄になってしまって、多くの世代が集まる飲み会はありえません。
町民や町に縁の深い方々をコアとして接待をしたり受けたりするならまだ話はわかります。しかし、参加単位である町に縁もゆかりもない人間をなぜ自腹を切って接待しなければいけないのか?「見たこともないよその人たちばっかり増えてもねぇ」という声にどのように応えればよいのでしょうか。

蛇足ながら、観光客の減少は、10年以上前から続いていますよ。ここ2~3年程度の問題ではありません。

| 酒上不埒 | 2009/07/19 17:45 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

凧揚げ面白いですね。つい最近はじめて体験させてもらいました。
でも、その面白さが、分からない方がいるのではないでしょうか。凧揚げの面白さを少しずつ広めていくことから始める事が大事だと思います。

>夜に無銭飲食および婦女子のお持ち帰りをするだけの連中を許容できますか?
私は、実は容認できるんです。凧揚げが楽しいと思わない方でも、酒を飲むことで祭りに参加しているのだと思います。都会だと人間関係が希薄になってしまって、多くの世代が集まる飲み会はありえません。その場があるだけ浜松は素晴しいところだと感じました。

>観光客を呼べているとおっしゃいますが、実態としては観光客数は減少しているのですよ。
この不況で、観光客数が減っているからと言って祭り自身に問題があるとは言えないと思います。

| 新三 | 2009/07/19 00:38 | URL |

>昔から凧を揚げ、仲間内で酒を飲みそれで良いと思う考えの方を否定することは決して出来ませんが、

問題点がよく理解されていないようなので、もう一度。


われわれは凧を揚げに来ず、夜に無銭飲食だけしに来る輩の存在を問題視しているのです。
「だって、俺昼間は仕事だし」「凧場で凧揚げている人の迷惑になっても」という逃げ口上で昼間を拒否し、夜に無銭飲食および婦女子のお持ち帰りをするだけの連中を許容できますか?
祭りとはいかなるものか、それすら理解できない存在など祭りには必要ないのです。

観光客を呼べているとおっしゃいますが、実態としては観光客数は減少しているのですよ。
そりゃそうです。現状の「凧」は、祭りの本道から外れた部分ばかりが肥大化しているんですから。観光客に「祭りの魅力=祭りの核心部分」が見えなくなってしまえば、観光客にそっぽを向かれてもやむを得ますまい。
現状の「凧」を憂えているわれわれも含め、お祭りとはどのようなものなのか、もう一度考え直さないといけない時期に来ています。

| 酒上不埒 | 2009/07/18 23:05 | URL | ≫ EDIT

Re: タイトルなし

コメントありがとうございます。

あえて、外部から考えを書いています。
従ってそのように取られるのも無理は無いと思います。
私は浜松まつりに対して直接参加しているわけではないので
そのようにしか書けません。浜北の人間だからだと思います。

昔から凧を揚げ、仲間内で酒を飲みそれで良いと思う考えの方を否定することは
決して出来ませんが、
浜松まつりは、観光客を沢山呼べるイベントになりました。
縮小すれば、当日の税収や収入も減ってしまう。
そう考えると仰る考えは難しいと感じました。

| 新三 | 2009/07/17 06:19 | URL |

やっぱり非公開コメントでは面白くないので、公開コメントで。

この記事とコメント、読めば読むほど「新三氏も山室氏もしょせんは外部の人間の感想に過ぎない」と感じるのは私だけでしょうか?

本物の「凧」の担い手は、現状の官製イベント「浜松まつり」に満足していません。
「浜松まつりサイコー」とか言いながら、凧にも触れようとせず、「昼間の凧場は砂埃で汚れるから」などと抜かして夜の無銭飲食だけが目当ての輩はしょせん真水、参加者とは呼びたくないのが実情です。

むろん我々も「凧」の魅力・ことに合戦の興奮と屋台の美意識、摺り足の重要性をことあるごとに宣伝しています。それについてくることが出来ない人に牛耳られないようにすることが重要です。

だからこそ、「祭りの本道に戻すために浜松まつりの規模を縮小せよ」という声も内部から現れるわけで……

ここでは到底書けないこともありますので、これ以上は差し控えますが……

| 酒上不埒 | 2009/07/16 22:43 | URL |

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2009/06/29 22:58 | |

モラルなき浜松まつり

浜松まつりを禁止しろとは一言も言っていないし、思ってもいない。
ただ一点、モラル・規約を守った上で実施して欲しいということです。
「人の庭先で立小便はする、ゲロは吐く、ごみは捨てる、火のついたタバコのポイ捨て、酔っ払った男女が人目をはばからずにペッティング。」は必ずしも若者とは限らないのです。
「日本におけるお祭りは、神事と風俗の両面がある」ことがモラルを破る言い訳になるのですか?
「若い頃であればお祭りで羽目を外すこともあるのでしょう。」の一言で笑って許せるようなレベルではないのです。
人の家の敷地に平気で無断で入ってきて小便、ゲロです。
火のついたタバコを庭先にポイ捨て、飲酒運転だって平気です。
朝早く仕事に向かわないといけない人もいるのです。病人だって、子供だっています。練りは10時までとの規約をなぜ守れないのでしょうか?
自分たちで作った規約じゃないの?
浜松まつりがこのような問題点を抱えていることを本当に理解していますか?
浜松まつりを守るためにも、このような事にはもっと厳しく対応すべきなのではないですか?

| 山室義孝 | 2009/05/07 21:22 | URL |

Re: モラルなき浜松まつり

日本におけるお祭りは、神事と風俗の両面があり、若い頃であればお祭りで羽目を外すこともあるのでしょう。
管理されている大人がしっかりと、管理することも必要だと思います。

かと言って、毎年楽しみにされるお祭りを禁止することなどはするべきでは無いと考えています。

| 新三 | 2009/05/07 10:48 | URL |

モラルなき浜松まつり

浜松市民でも浜松まつりを楽しんでいる人ばかりとは限らない。
規約では午後10時以降禁止されているはずの練りを12時を過ぎても続けている。
人の庭先で立小便はする、ゲロは吐く、ごみは捨てる、火のついたタバコのポイ捨て、酔っ払った男女が人目をはばからずにペッティング。
「1年に1度ぐらい羽目をはずすこと」が毎年繰り返される。
私も「一所懸命に雨にも負けず不況の厳しさにも耐えて頑張っている」浜松市民だが、モラルなき浜松まつり参加者の傍若無人ぶりにも耐えないといけないのだろうか?



| 山室義孝 | 2009/05/06 23:10 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/545-f166a308

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。