或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

インフルエンザAの誤解

インフルエンザAに感染が疑いがあるとして診療拒否が相次いでいると報道されている。病院側としては、もし万が一患者の中にインフルエンザAの感染者がいた場合、責任問題になるとか、入院患者がいる場合では院内感染など抵抗力の弱い患者に感染することを恐れているのかも知れない。

日本は非常に安全に対しては非常に厳しい国である。しかし、カン違いも多い国であることはインフルエンザAの報道のみを取ってみても良く分かる。例えばインフルエンザAは弱毒性だから安心という報道が色々されている。

インフルエンザウィルスにおける弱毒性と強毒性の違いは、弱毒性は呼吸器のみの感染を引き起こす。いわゆる普通のインフルエンザである。一般のインフルエンザは全て弱毒性という分類である。一方、強毒性のインフルエンザは鳥インフルエンザに代表され、脳や肝臓など呼吸器以外の感染を引き起こす。

スペインかぜなどが弱毒性であったことを鑑みても弱毒性だから安心と言うのは間違いである。スペインかぜは、全人類の3割が感染し、4000万人以上の被害を出したが、90年前の医学と現在の医学ではかなり違うのでそのまま比べるのも間違っているのかも知れない。

WHOがしっかりとした指針を出し、厚生労働省と地方自治体が協力して対策を行っているのであるから国民も医療機関もしっかりと情報を取り、従うべきであると思う。結果としてその行動が冷静な対応になるであろう。

また、メディアは正しい情報を国民にしっかりと提供すべきであろう。ブログやインターネットで情報を発信しても悲しいことであるが、テレビという媒体には勝てない。NHKで定期的にインフルエンザAについての情報を発信すべきであろう。

受信料は何のために払われているのであろうか、メディアにおける公共性とはどいうことであろうか。有事の時こそ、メディアが果たす役割は大きい。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。


日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

平沼先生の新書:七人の政治家の七つの大罪

 関岡先生の著書:拒否できない日本 

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 22:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/544-10ee754b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。