或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

かんぽの宿だけでは無いのか?

問題はかんぽの宿だけではないのだろうか。郵政私物化問題については、与野党一致で当たっているのが面白い。多くの郵政関係者のみなさんはきっと嘆いていることであろう。

一部の方々が、国民に信頼されないことをやっているそんな思いではないだろうか。次の記事を引用させて頂く、郵政公社時代のことだが、未公開株の譲渡で有名になったリクルートコスモス(現在はコスモイニシアに社名変更)が3回の一括売却を落札していたと言うことである。

 旧日本郵政公社が04年度から06年度にかけて3回実施した不動産の一括売却で、3回ともリクルートコスモス(06年9月にコスモスイニシアへ社名変更)が代表を務めるグループが落札していたことが24日、分かった。同日の衆院総務委員会で、共産党の塩川鉄也氏が明らかにした。鳩山邦夫総務相は「偶然なんだろうかという疑念を抱くのは私だけではないと思う」と答弁。公社時代の入札についても「できる限り明らかにする責任がある」と述べ、実態解明に取り組む考えを示した。
 旧郵政公社は07年10月の民営化を前に、使っていない社宅やかんぽの宿など宿泊施設の整理を進めた。単独では売りにくい物件をまとめて売却する「一括売却」の手法で、一般競争入札を04年度から3回実施。05年3月に60物件を約165億円、06年3月に186物件を約212億円、07年3月には178物件を約115億円で売却し、いずれもリクルートコスモスが代表を務めるグループが落札した。塩川氏は「国民は出来レースと受け取るのではないか」と批判した。
旧郵政公社:資産売却でリクルートコスモスが3回連続落札より引用



普通に考えれば起こり得ないことが郵政問題では起っている。民営化自身が構造改革という言葉に踊らされて、実は別の裏の目的があったのではないかと想像力豊かな私は感じてしまう。

郵政民営化はもはや国民の最大の関心事である。次の選挙では間違いなく争点となりえる重要な問題である。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。


日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/493-bc5b5231

TRACKBACK

二・二六事件の日に思う。

きょう、2月26日は二・二十六事件の起きた日です。 一部の青年将校達が兵を率い、「昭和維新断行」「尊皇討奸」を掲げ決起したクーデター未...

| 皇国の興廃、この一文にあり | 2009/02/26 20:09 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。