或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

派遣労働は是か非か?

セーフティーネットの確立を』と題してブログを書かせて頂いた。池田信夫さんのBlogより派遣制度は19世紀にもあったそうだ。派遣制度は、日本を滅ぼす仕組みだと新三は常々考えている。池田氏はブログ内で終身雇用を否定し、終身雇用は労働者を会社に閉じ込めるものだと書いている。

従って、職場を転々とする派遣制度が良いと言っているわけである。果たして本当にそうなのだろうか?池田氏はNHKで報道を仕事とし、メディアの学問を究めた方である。学問といえば、ポストドクターという制度がある。博士後期過程を終了または単位取得認定退学を行った、博士保有の研究者がドクター(博士)の後(ポスト)につくことからポストドクターまたは省略してポスドクと呼ばれる。

ポスドクの給料は、研究しているプロジェクトにもよるが、私の友人は、30万円程度だった。決して少なくはない金額だが、そこから社会保障費などを支払う必要がある。また、別の友人に聞いた話であるが、ポスドクの時代には家を借りるのも難しいというのだ。

博士を取得した高学歴で非常に勉強も出来る人物だが、世間的にはアルバイトとみなされ定職についていないと判断されるそうだ。家主や不動産会社の立場に立てば、定職についていないということで信用が出来ないということであろうか。

派遣という制度が世間でどれだけ認知され、どれだけ認められているのであろうか。十分な収入も得ることが出来ず、家すらも借りることが出来ないということがあるのではないだろうか。家を借りることが出来なければ、就職にも困るであろう。そのような悪循環は様々なところに偏重を来たす。

強引なこじつけかもしれないが、少子化などの問題も安定と非常に大きく関わっているのではないだろうか。島に住む住民は、結婚する際に親が家を建ててくれる習慣があるそうだ。安定を目で見える形にするわけである。その島の出生率は2.0を越えるそうだ。

結果、人はどこかで安定を望んでいるのではないだろうか。この不況のなか公務員を目指す方も多いであろう。安定というセイフティーネットを保ってこそ、少子化などの問題も解決されると思うし、2chで良くある犯罪予告や無差別テロのような犯罪も減るのではないだろうか。聖域無き構造改革が落とした影が今頃見えてきているように思う。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。


日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 未分類 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/469-254b2c2d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。