或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

この国は誰の物か?

この国は、誰のものであろうか?ほとんどの人が日本人のためのものと答えるであろう。違うと応える人もおいでだろうが。それでは会社は誰のものだろうか?経営者のものだろうか?株主のものだろうか?従業員のものであろうか?

今朝、ウェークアップを見ていたたら、竹中元総務大臣、現慶応大学教授がテレビ出演されていた。現在の日本では、正社員の既得権益が多くて、Layoff(一時解雇)が出来ないので問題があると述べられていた。現時点で労働人口の3割が非正規雇用だそうだが、竹中教授によれば労働者は全員非正規雇用になることが望ましいと言うことであろうか?企業の都合で、どんどん労働者を首に出来るのであれば、町には失業者があふれかえるのではないか。

非正規雇用という制度の問題点として自らが働いている会社を愛することが出来ないということがあるのではないだろうか?都合が悪くなったらすぐに首を切られる会社を愛することが出来るだろうか。少なくとも私は、そんな会社を愛することは出来ない。

日本人の素晴しいところは、誰かのためにみんなのために頑張れると言うことであると思う。沢山の従業員が解雇されて会社が残ったとしても誰も幸せになることは無い。私は、会社は従業員のためにあるものだと信じている。当然、経営に携わっている方々は、同じ仲間である従業員を最後まで守ろうとするのではないか。

竹中教授は日本をどうしたいのであろうか、日本は誰のものだとお考えなのだろうか。改革とは一体誰のために行うものなのだろうか?確かに後生に国の借金を残すことは避けなければならないが、現時点で生きる国民が職を奪われ、住むところをなくし、飢えることが本当の改革なのだろうか。私は間違っていると思う。私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします城内みのるオフィシャルサイト城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。
介護用品格安販売の野木介護用品店は、取扱商品 1万点以上の大型ショップ
野木介護センターは、ホームヘルパー(訪問介護)、介護用品販売・レンタル、ケアプラン、家政婦紹介所を徳島県石井町で行っています
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/462-2dcf046f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。