或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

国籍法改悪阻止未だ終わっていない戦い

平沼事務所よりメールがやって来ました。多くの方々に読んで頂くため転記させて頂きます。

下記より転記

〔参考1〕
**************************************************************
◆◆◆ 日本再生ネットワーク Z ◆◆◆
気力を振り絞って!! 熱意を込めて!!
**************************************************************
≪要望文例≫ 
◆【主張】国籍法改正 不正排除へもっと議論を  
(産経 2008/11/20)
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081120/plc0811200323003-n1.htm 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆国籍法改正 誰も理解せぬまま参院も審議入り  
(産経 2008/11/20-19:42) 
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/081120/plc0811201947010-n1.htm

未婚の日本人の父と外国人の母の間に生まれ、出生後に認知された子の日 
本国籍取得要件から「婚姻」を外す国籍法改正案は20日、参院法務委員会 
で趣旨説明が行われ、審議入りした。法務委は同日の理事懇談会で、26日 
に1時間45分の参考人意見聴取、27日に4時間の一般質疑を行った後に 
委員会で採決することで合意。このため、改正案は28日の参院本会議で成 
立する見通しとなった。 
衆院法務委がわずか3時間の審議で改正案を採決し批判を受けたことから、 
参院側は「慎重な対応をしたい」(自民党国対幹部)として倍近い審議時間 
(5時間45分)を確保した形だ。だが、これで懸念される偽装認知への歯 
止めをどうするかなど、十分な議論が尽くせるかどうかは疑問だ。
「この中で、国籍法改正案を全部理解している人は手を挙げてください」 
20日昼の自民党津島派の総会で、戸井田徹衆院議員はこう呼びかけたが、 
手を挙げた議員は1人もいなかった。改正案は国会議員も内容をよく把握し 
ないまま、成立へと向かって突き進んでいるようだ。 
改正案は今月4日に閣議決定されたが、国会議員らが問題点や危険性に気 
付いたのはその後のことだった。無所属の平沼赳夫元経済産業相は19日の 
「国籍法改正案を検証する会合に賛同する議員の会」で、こんなエピソード 
を紹介した。
「現役閣僚から『とんでもない法律が通りそうだから何とかしてくれ』と 
電話があった。『あなたはそれに閣議でサインしたんだろう』と言ったら、 
『流れ作業で法案の中身は分からなかった』と話していた」 
自民党では、改正案が衆院を通過した18日の役員連絡会や参院執行部会 
で問題指摘が相次いだ。執行部会では、国対幹部が「運用で(犯罪に)歯止 
めをかけていく工夫が必要だ」と述べ、尾辻秀久参院議員会長も「もう一度 
検討した方がいい」と語ったが、成立の流れを押しとどめるまでには至って 
いない。
一方、改正案を問題視する民主党議員からも「うちの法務部会(部門会議) 
も、『次の内閣』会合も通っちゃっているんだよな」との嘆息が漏れている。 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 
参院法務委員会は、11月26日27日開催かれ、参院本会議に緊急上程 
されると、27日午後に「国籍法改正案」は参院本会議で可決される。遅く 
とも同28日に強行可決されるもよう。

〔参考2〕
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽
★★花岡信昭メールマガジン★★657号[2008・11・21]
★ブログ「はなさんのポリログ」 
★メルマガバックナンバー 
▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽▽

<<国籍法改正は政治の知性の欠如>>

だれもその意味合いを理解していない法律改正が実現しようとしている。
国籍法改正だ。わずか4日の審議で衆院を通過、野党多数の参院で成立することになる。


民主党にとっては、審議拒否ばかりではないというアリバイ工作に使われた。
秋葉原事件で問題化したダガーナイフの所持規制とともに、全会一致で衆院を通った。


法務省にいかがわしい「人権スクール」が存在するのではないか。
そうとでも考えないと、この異常事態は理解できない。
最高裁の違憲判決があったからといって、法律改正は、政治の責任において行われなければならない。
これは当然過ぎるほど当たり前のことだ。
国籍法改正の「穴」は、カネで国籍が売買される危険性を残してしまったことだ。
日本国民が不正な手段で生み出される道をつくってしまったことだ。
改正案を考えるのは、法務省の役人たちである。
最高裁の言うとおりに、法の不備をただそうとして何が悪いか、というのが彼らの立場だろう。
なんらの疑念も抱かず、いいことをやっているという意識しかない。
「法匪」というのは、こういう人たちのことを言う。
政治家はそんなことは分からないから、役人の言うとおりにことを運んでしまう。
隠された危険性に思いをはせる知性などハナからないのであろう。
役人がどう考えようとも、常識と理性で、これを食い止めるのが政治家の本来の役割だ。


国籍法改正は、国家を形成する国民のあり方そのものにかかわるのである。
その重大な意味合いに政治家が気付かない。
というよりも気付かせないまま改正作業を進めてしまおうという役人の矮小化された知恵が勝ってしまう。
これが、官僚主導の一側面でもある。
法務省の不可思議な体質を象徴的にあらわしたのが、裁判員制度の導入ではないかとかねて疑問に思ってきた。
「市民参加」という美名のもとに、なんとも噴飯ものの制度が始まる。



〔参考2〕
**********************************
「日本会議 国民運動関連情報」 平成20年11月21日(金) 通巻第302号
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
このメールは日本会議に関係されている方に国民運動の関連情報としてお送りしているものです。
日本会議の公式見解ではありません。
**********************************
国籍法改正案に歯止め規定を
…………………………………………………………………………………………

国籍法改正案が衆議院を通過し、論議は参議院に移ってきています。

永田町では、自民党を中心に、この法案をめぐって多くの会合が開催され、法務省やら民主党との内部折衝が続いています。
その背景には、猛烈な世論の反発があります。国会議員の事務所には、数百件ものFAXが寄せられており、自民党議員は大変な危機感をもって、この問題について対応しようとしています。

争点は、偽装認知によって外国人が国籍を取得できないようにするためにどうしたらいいのか、という点です。

残念ながら、民主党ら野党が多数を占める参議院では、数の力で、この法案は通ってしまいますので、自民党議員が検討していることは、認知申請の手続きをどのようにして犯罪に利用されないように整えていくのか、という点です。その中には、当然のことながら、親子関係を証明するDNA鑑定の導入も入ります。

来週には参議院本会議で採決されることになります。是非とも、今回の国籍法改正が犯罪組織や特定の反日政府のスパイ活動に利用されないよう、慎重審議とするよう要望してください。最悪でも、きちんとした歯止めを、国籍法の施行規則に明記するよう、関係議員に要望していただきますよう、再度、お願いします。

――――――――――――――――――――――――――――――――――

〔参考3〕
●緊急拡散『国籍法』緊急集会 (水間政憲)
【11月20日15時前後の情報。 「国籍法改正案」は、参院法務委員会で11月26日、27日に
開催され、参院本会議に緊急上程されると、27日午後にも可決される。遅くとも28日に強行可決されるもよう】

●国会経過報告・・・緊急拡散『国籍法緊急集会』 (水間政憲)
11月19日午前10時。 第2回「国籍法改正案を検証する会合」が、第1議員会館第2会議室で開催された。
冒頭、平沼赳夫会長が、手続き上の問題点などを指摘した。
その後、山谷えり子議員、戸井田とおる議員、赤池誠章議員がそれぞれ経過報告して始まった。
まず始関正光・法務大臣官房審議官民事局担当が、「改正案」の要点を説明した。
その説明は、言い訳に終始する状況だった。
論議しても噛み合わない原因は、性善説にたつ法務省側と性悪説を立法作業の基本とする国会議員側の意見は対立であった。
始関審議官の説明は、国籍法・民法・戸籍法を一緒にしたような解説で、未整理状態を露呈した。
扶養義務が民法にあるとしても、扶養できない男性が、認知できない訳ではない。
また、婚姻は必要ないとする「改正案」は、嫡出子と非嫡出子に関わる相続権など様々な問題が出てくる。
法務省は、法務委員会で父母に対面調査するとしていた。
しかし、始関審議官は「DNA鑑定は、検体偽装が考えられ、本人確認が難しい」と述べた。
それなら父母を対面調査したとき「髪の毛一本」提供してもらえば済むことです。
また、始関審議官は「DNA鑑定に10万円位かかり、負担になる」と言い訳した。
現在、運転免許証取得にも、「40万円」位かかる。国家国民の神聖不可分な「国籍」取得経費(DNA鑑定)としては適正である。
どこの国の貨幣価値を想定した基準なのであろうか。
戸井田議員は「DNA鑑定を避けよう避けようとしているとしか思えない」と、憤っていた。
また、木挽司衆院議員は、「EU諸国で移民親族の呼び寄せの入国審査に、DNA鑑定を採用している。別問題を心配しているが、EUでは差別問題にどう対処 しているのか」と述べた。
始関審議官は、「EU諸国が差別問題に、どのように対処しているか、詳細を承知しておりません」と、考えられない答弁をした。
その時、会場がどよめき、平沼会長は「そんなことも調べてないのか」と、顔を紅潮させ憮然としていた。
この「文民クーデター」は、民主主義国家崩壊の一里塚なのだ。
平沼赳夫会長が自民党にいなかったことは、国家的損失だった。
小泉純一郎の責任は、万死にあたいする。

〔ジャーナリスト水間政憲。ネットだけ転載フリー〕

★超緊急拡散【国籍法】参院本会議採決27日午後か28日 (水間政憲)★★

参院法務委員会は、11月26日27日開催かれ、参院本会議に緊急上程されると、
27日午後に「国籍法改正案」は参院本会議で可決される。遅くとも同28日に強行可決されるもよう。

【国籍法改正案慎重審議】を要請する全国の覚醒している日本人の皆さん。
FAXは、凄く有効です。要請書を発送する優先順位をお知らせします。

慎重審議をお願いする順番。

1、民主党 党3役

2、《参院法務委員会理事》
委員長、澤雄二(公) 千葉景子(民主) 松岡徹(民主) 松村龍二(自民) 木庭健太郎(公)】

3《委員》
民主〔小川敏夫。今野 東。鈴木寛。前川清成。松浦大悟。松野信夫。江田五月〕


社民党〔近藤正道〕
共産党〔仁比聡平〕
自民党〔青木幹雄。秋元司。舛添要一。丸山和也。山崎正昭。山東昭子〕以上。


民主主義国家の国民の真情を真摯に伝えて下さい。
一人一人の国を思う気持ちをFAXに載せて発送して下さい。
直筆は、なにより個人の意志として伝わります。
FAXがない方は、メールでもいいと思ってます。皆様のご健闘をお祈りします。

ジャーナリスト水間政憲。転載フリー

◆民主党
代 表  小沢 一郎 民主党HP   
http://www.dpj.or.jp
幹事長  鳩山 由紀夫  FAX:(国会)03-3502-5295 (地元)0143-43-8577

副代表  岡田 克也 FAX:(国会)03-3502-5047 (地元)059-361-6655
webmaster@katsuya.net

前原 誠司  FAX:(国会)03-3592-6696 (地元)075-702-9726
info@maehara21.com

川端 達夫  FAX:03-3502-5813

石井 一   FAX:03-5512-2242
hajime_ishii01@sangiin.go.jp

高木 義明   FAX:(03) 3503-5757
g02653@shugiin.go.jp

北澤 俊美   FAX:03-3503-3889

円 より子 FAX:03-5512-2738

政策調査会長  直嶋 正行 FAX:03-3503-2669 
info@naoshima.com

国会対策委員長  山岡賢次 FAX:03-3502-8855 
http://www.yamaokakenji.gr.jp/mailform.htm

◆参議院法務委員一覧
http://www.sangiin.go.jp/japanese/joho1/kousei/iinkai/list/l0065.htm

◆参議院 法務委員会

■澤 雄二(公明)   TEL:03-3508-8730 FAX:03-5512-2730
info@ryuji-m.net

■松村 龍二(自民) TEL:03-3508-8304 FAX:03-5512-2304 

■青木 幹夫(自民) TEL:03-3508-8534 FAX:03-3502-8825 (地元)0852-22-7577

■秋元 司(自民) TEL:03-3508-8311 FAX:03-5512-2311 
http://www.akimoto-web.jp/opinion.html

■舛添要一(自民) TEL:03-3508-8219   FAX:03-5512-2219
http://mipe2.aa0.netvolante.jp/fmi/xsl/koushiki/inquiry.xsl

■丸山 和也(自民) FAX:03-5512-2536 
http://www.maruyama-kazuya.jp/supporter.php

■山崎 正昭 (自民)  TEL:03-3508-8419 FAX:03-3508-9419 (地元)0776-28-1067



■木庭健太郎(公明)    FAX:03-5512-2723

■千葉 景子(民主) TEL:03-3508-8412 FAX:03-5512-2412 (地元)045-201-8188 
tomato@cyberoz.net

■松岡 徹(民主) TEL:03-3508-8734 FAX:03-5512-2734
http://www2.matsuoka-toru.jp/form/inquiry.htm

■小川 敏夫(民主) TEL:03-3508-8628 FAX:03-3593-0577
nfo@ogawatoshio.com

■川上 義博(民主) TEL:03-3508-8701 FAX:03-5512-2701
http://www.kawakamiyoshihiro.com/cgi/mail1/index.html

■今野 東(民主) TEL:03-3508-8708  FAX:03-5512-2708
azumaru@k-azuma.gr.jp

■鈴木 寛(民主) TEL:03-3508-8635 FAX:03-5512-2635
info@suzukan.net

■前川 清成 (民主) TEL:03-3508-8712 FAX:03-5512-2712
maekawa@maekawa-kiyoshige.net

■松浦 大悟 (民主) TEL:03-3508-8517 FAX:03-5512-2517
http://www.dai5.jp/mailform.php

■仁比 聡平(共産) FAX:03-5512-2333
http://jcp-nihi.web.infoseek.co.jp/

■近藤 正道(社民) TEL:03-3508-8740  FAX:03-5512-2740
masamichi_kondo@sangiin.go.jp

■江田 五月(無所属) TEL:03-3508-8608 FAX;03-5512-2608
satsuki_eda@sangiin.go.jp

■山東 昭子(無所属) TEL:03-3508-8224 FAX:03-5512-2224
akiko_santo01@sangiin.go.jp

転記終了

私の報告に興味を持った方は、こちらをクリックお願いします。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします。
城内みのるオフィシャルサイト
城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。



ポチッとクリックお願いします。野木介護センターは、徳島県石井町で介護用品・福祉用具販売、ホームヘルパー(訪問介護)、福祉用具レンタル、ケアプラン作成、家政婦紹介所を行っています。
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 13:25 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/422-520c8191

TRACKBACK

国籍法改悪阻止の戦いは終わっていない!

今回も、国籍法改正法案関連の情報を引用します。 【その1】水間政憲氏のレポート 水間さんから、国籍法に関するレポートと皆さんへの...

| 新・へっぽこ時事放談 | 2008/11/24 00:33 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。