或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

円建て米国債

ドル売りも進みついに100円を切ってしまった。これだけ円高が進めば、輸出に依存している製造業は非常に苦しいだろう。さらにドル建てで日本が買っている米国債は、1兆ドルを越すであろうからここ数日で20兆円は含み損を抱えている計算になる。

さてこのような異常な状況に日本はどうすれば良いのであろうか。私は円建て米国債の提案を行いたい。

金融救済プログラムでドル不足、財源不足に陥っている米国に対し、円建て米国債を大量に発行させる。すると米国が直接、日本円で資金調達し、信用力の高い米国債の円市場が成立する。日本企業もアジアの企業も円建て貿易決済する環境が生まれる。ここで日本政府は一挙に、円資産市場を整備する。日本の金融機関はここで初めて国際競争力を持つことになる。財務省、日銀の役割は非常に重要だ。

 財務省はドル買い介入の権限と円建て債の条件整備につとめる。日銀は十分に円資金を市場に流し、円建て米国債の消化を助ける。日銀が円建て米国債を市場から買い上げるわけだ。
【国際政治経済学入門】ドル破綻に円資産市場で対抗せよより引用


円が国際通貨としてついにデビューする時が来た。強い日本円の世界デビューである。ただしこれには様々な壁がある。まずは、プライドの高いアメリカが日本にその座を譲るであろうか。ここは背に腹は変えられないアメリカは認めざる得ないでは無いのか。政治が、強いリーダーシップを持ってアメリカと接する必要があるであろう。

さらに、一橋総合研究所の論文では下記のように指摘している。

円がアジアの地域通貨となりドルとユーロにリンクした米国債が購入できるようになれば、日本だけでなく台湾や韓国といったアジアの経常黒字国は安心して米国債に投資することができる。そのことはまた米国へのマネー還流にもつながり米国の利益にも適うものになるはずです。
日本再生の活路-中国に勝つために-より引用


なるほど、単なる円建ての米国債ではアメリカは認めるはずは無いからドルとユーロとリンクした円建て米国債にすると言うのは非常に素晴しい案である。アメリカをないがしろにせず、さらにはドル安のリスクをとらないためにはこの方法しかない。私の報告に関心を持った方はこちらをクリック頂きたい。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします。
城内みのるオフィシャルサイト
城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。



ポチッとクリックお願いします。野木介護センターは、徳島県石井町で介護用品・福祉用具販売、ホームヘルパー(訪問介護)、福祉用具レンタル、ケアプラン作成、家政婦紹介所を行っています。
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/385-17b86b48

TRACKBACK

-

管理人の承認後に表示されます

| | 2014/04/21 05:44 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。