或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

拉致問題解決に向けて!!

石井隆一富山県知事を表敬訪問何かを否定するブログを書くと、なぜかアクセス数が増える。同調される方が多いと言うことかも知れない。非難するだけなら、誰でも出来ると思うし、称賛してこそバランスがとれることもあるのではないだろうか。今日は、称賛することを並べたいと思う、アクセス数が減らなければ良いが。
写真は、島田洋一 blogより借用。

世の中が北京オリンピックに注目する中、北朝鮮拉致被害者(特定失踪者)の問題が、メディアで申し訳程度取り上げられている。城内実さんとともに国家基本問題研究所(理事長 櫻井よしこ氏)の企画委員を務める島田洋一福井県立大学教授が飯塚繁雄代表らとともに富山県に赴き、石井隆一・富山県知事を表敬訪問したそうである。島田先生のブログを引用させて頂く。

昨日、家族会の飯塚繁雄代表らとともに富山県に赴き、石井隆一・富山県知事(下写真)らを表敬訪問した。24日に開かれる「国民大集会in富山」への関心を喚起するための事前活動である。
 私は関係者との懇談などで一泊したが、飯塚代表は、午後一番の電車で富山に到着、夕方には発つというハード・スケジュールだった。いつもながら、体への負担が心配だ。
 8月12日に日朝が合意した北朝鮮による「調査のやり直し」は、外務省の説明によれば、「調査の対象には、政府が認定した被害者やその他に提起された行方不明者等が含まれ、すなわち、すべての拉致被害者が対象となる」とされている。
 日本政府は、これまでに、特定失踪者問題調査会の公開リスト中、少なくとも、告訴・告発がなされている「30数名」について、北朝鮮側に資料を渡し、調査を求めていると国会で答弁してきた。
 今回の「再調査」では、当然、この「30数名」個々人について、具体的な回答を求めるべきだし、それ以外の特定失踪者についても、資料を提示した上、個別に回答を求めねばならない。
飯塚繁雄氏とともに富山県を訪問より引用


民間の団体が、拉致問題に前向きに活動している。拉致問題は、早急に解決しなければならない。日本国民が誘拐されて、他国に連れ去られるだけでも大きな問題であるのに、国家の主権が侵害されているという大きな事実と問題がある。そのために国家として何を行うかを考える必要がある。少しでも国民の意識を高くするため、NHKで特集番組を行うなどメディアを使った活動を国が行う必要があるのではないだろうか。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします。
城内みのるオフィシャルサイト
城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。



ポチッとクリックお願いします。野木介護センターは、徳島県石井町で介護用品・福祉用具販売、ホームヘルパー(訪問介護)、福祉用具レンタル、ケアプラン作成、家政婦紹介所を行っています。
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 22:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/317-b153f205

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。