或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大分県教委汚職

女性が教師を目指して勉強していた学習机大分県の県教委汚職事件は、ただ単にお金を払った見返りに学校の先生になれると言う単純な問題ではない。現時点で少なくとも分かっていることは、お金を積まなければ先生になれなかった人がいると言うことである。お金を払って先生になった人がいるだけ、お金を払わなくて先生になれなかった人がいるという現実がある。

大分県の教員採用事件を巡っては、十数年前から口利きによる合否調整が行われていたことが明らかになっている。約10年前、ろう学校の教諭を目指し3回受験して不合格になった女性(33)は、金による口利きの誘いを断り、夢を断念した。「お金を使って先生になって、何を子どもに教えるのか。後悔はしていないけど、悔しい」。ニュースに接するたび、やりきれない思いにとらわれるという。
 女性は高校まで大分市内で過ごし、教員養成に定評のある県外の国立大学に進学した。ろう学校を目指したのは高校時代、手話同好会でろう学校の生徒たちと交流し「子供たちの目がきれいだったから」。
 自営業の父親が体調を崩し、アルバイトと奨学金で通う学生生活。小中高、ろう学校、養護学校の教員免許を取るため、大学の授業は毎日6コマすべて埋まっていた。他の職種の就職活動をする時間もなく、教職一筋に猛勉強してすべての免許を取り、ろう学校教諭の採用試験を3回受けた。
 2回目の受験で一次試験に合格した後、母親が知人から「200万円で県会議員に頼めば採用される」と持ちかけられた。母親から「一生を左右することだから、親せき中からお金を集めれば」と打ち明けられた。が、「それで先生になって子供たちに何を教えるのか」と断った。今回の事件を耳にして「やっぱりな」と思った。
 女性の母親も悩んだ。事件発覚後、ニュースをあえて娘に知らせなかった。母親は「たくさんの善良な人が悲しい思いをした。金を持っている人が先生になるのではなく、子供たちのことを本当に考える人が先生になってほしい」と話す。
大分県教委汚職:「金で先生、子どもたちに何教えるのか」/口利き断り、教員の夢断念した女性より引用


本当に大分だけの問題だろうかと思った方は多いのではないだろうか、多分週刊誌やメディアなどが様々な都道府県で同じような問題がないか捜しているのではないだろうか。出来れば見つからない?無い事を望む。

学校の先生が、子どもたちから『先生もお金払って先生になったの?』と質問をされているそうである。いたたまれない気持ちになった。問題が学校の先生だけに傷は根深い。早急な事態収拾を待つばかりである。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします。
城内みのるオフィシャルサイト
城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。
ご協力をお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。

ポチッとクリックお願いします。

ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。野木介護センターは、徳島県石井町で介護用品・福祉用具販売、ホームヘルパー(訪問介護)、福祉用具レンタル、ケアプラン作成、家政婦紹介所を行っています。
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 01:11 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/276-6b18e11f

TRACKBACK

?

??Ĥ?β??

| ??? | 2008/07/23 18:36 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。