或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

20年後の死刑執行を考える!!

宮崎勤死刑囚私は、政治ブログを書くまでは死刑執行について何の疑問も感じなかった。死刑と言う判決に対しても、執行に対しても特別の感情はなかった。私自身は、死刑と言う制度に対して反対ではない。かと言って積極的に賛成しているわけでもない。今まで死刑について考えることを避けて来たと言ったほうが正しいかもしれない。自分自身には特に関係ないことであろうから、その議論に対しても加わろうとは思わなかった。

死刑制度の存続は、遺族のことを考えれば当然だと言う方の意見は否定できない。一方で、警察、検察、裁判所も間違いを起こすという冤罪の一面は否定できない。さらに言えれば、法の下のでの殺人を許してよいのかと言うのは、非常に疑問はある。様々なご意見を考慮しても私は、日本の死刑制度を否定することは出来ない。書き間違いではない。文章の論調は反対であるが、現在の法制度には賛成という二面性の文章は私の迷いを物語っているのかもしれない。

殺人を犯した場合、終身刑と死刑がある場合どちらが抑止力になるであろうか。もはや現状の日本では死刑になるために殺人を行うという人物が出てきているので抑止力も疑問が残る。私は単純に、遺族が自らの身内を殺害した人間がこの世にいると言うことが許せるかどうかという感情論でしかない。遺族が望むのであれば、死刑にしてもかまないのではないかと言う危険な論調かも知れないが、あえて書いておきたい。それくらい遺族の気持ちを大切にしたい。それくらい、遺族の思いは重いのではないだろうか。

どれだけ、不幸な生い立ちであろうとも、人を殺すと言う行為は許されるべきではないと思います。そして、その罰は、日本の最高刑を持って処罰するべきであると考えるのです。情状酌量の余地は必要かと思いますが、どんなことがあれ人の人生を奪ってよいものでしょうか。

疑わしきは、被告人の利益にと言う言葉も忘れることは出来ません。日本の場合は推定有罪と言う言葉の判決があるように思います。

秋葉原の事件と、今回の死刑執行は関係あるかと聞かれれば私はあると思っています。ある意味での見せしめと言う言葉が正しいでしょうか。そのような死刑執行は歓迎しませんが、模倣犯を起こす抑止力になるのであれば、必要なことなのかも知れません。

今回の内容は賛否あると思います。コメントは歓迎しますが、ここで皆様と議論するつもりは余りありません。様々な意見があってよいと思っています。人の意見を否定する行為は、自らの意見を否定されることと等価だと思います。皆様良く考えてコメントお願いします。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします。
城内みのるオフィシャルサイト
城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします。

FC2ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。



ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。

ポチッとクリックお願いします。

ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。野木介護センターは、徳島県石井町で介護用品・福祉用具販売、ホームヘルパー(訪問介護)、福祉用具レンタル、ケアプラン作成、家政婦紹介所を行っています。
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 23:16 | comments:6 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT

ルクスさんのコメントについて

>遺族の意向がどうのとか言うやつって、間違いなく極端な無知でしょ。

この場で議論するつもりはありませんが、チョットだけ書きます。

私も含めて、国民の殆どが無知です。それは仕方がないことです。

>捜査当局はどんな端緒であれ犯罪の発生を知ったら、捜査開始していい。
どちらかというと逆のことを想定しています。
捜査当局は、捜査をしないでも構わないという考えもあります。被害者がどれだけ訴えても捜査してもらえないこともあります。

被害者を擁護して問題あるでしょうか。加害者を擁護するよりよほどマシだと思っています。
だからと言って死刑がどんどん増えればよいと言っているわけでは無いです。出来ればなくなって欲しいですが難しいでしょうね。

| 新三 | 2008/06/22 00:26 | URL |

「被害者原理主義」の卑劣さ

遺族の意向がどうのとか言うやつって、間違いなく極端な無知でしょ。
何故なら、もし遺族の意向で量刑を左右できるようにしてしまったら、もし被告人が大きな後ろ盾を持っていた場合(例えば大財閥・広域暴力団・テレビ局)脅迫されるのは必至だから。
現にいるじゃありませんか。加害者がアメリカ兵だったら、金切り声で被害者叩きに明け暮れる週刊新潮みたいな連中が。週刊新潮といえば「加害者ばかり守られて被害者の人権はどうなる」とかエラそうに大声で喚いて少年法も何もかも踏み躙る犯罪組織です。

現行法では、被害者には証言の義務も通報の義務すらありません(親告罪除く)。捜査当局はどんな端緒であれ犯罪の発生を知ったら、捜査開始していい。被害者に止める権限はない。なぜなら、被害者にそんな権限認めたら、脅迫されるなどさらに被害者を危険に曝すのは必至だから。
「通報したら人質を殺す」とは誘拐犯の常套句ですが、通報されたことを知った途端その通りにした誘拐犯はいません。最初から殺す気だったか、計画失敗で自分が逃げ延びるため(この場合パニクってることも多い。警察に捕捉され、そこで降参してれば懲役刑で済んだのに、逃げ延びたい一心で人質を殺害、直後に逮捕、結局死刑になった犯人すら実在する)に殺したケースはありますが、利害を計算する冷酷な知能犯ほど、事件発覚後は遠くへ逃げて被害者に二度と寄り付かないものです。

それとも、マスゴミという連中は、国家権力を背負った検察官や裁判官は脅しにくいものだから、もっと脅迫しやすい存在を押し立てて裁判というものを思うがままに操ろうと(そして視聴率を奪って金儲けしようと)いう魂胆でしょうかね?

繰り返しますが、いかがわしい「被害者原理主義(特に、加害者が米軍だと途端に正反対に転じる連中)」は被害者をさらに苦しめるだけの犯罪カルトだと強く指摘しておきます。

| ルクス | 2008/06/21 23:16 | URL | ≫ EDIT

K.1さんのコメントについて

死刑廃止と言う方の気持ちも分からないでもないのです。
罪を犯した人にも人権があると言うことです。抑止と言う意味では、江戸時代には行われていたわけですが、人権と考えた場合には、チョットやりすぎのような気がします。

しかし、ブログにも書いたとおり、死刑をなくしてよいのかと考えてしまいます。

| 新三 | 2008/06/18 20:36 | URL |

kane-geeさんのコメントについて

死刑囚は、懲役刑ではないので労働はありません。
懲役は文字通り、刑務作業に服する義務があるのですが、禁錮にはこの義務がないのです。禁錮となる余地のある犯罪は限られていて、政治犯や交通事故犯、過失犯などです。
http://www.hou-nattoku.com/mame/yougo/yougo2.phpより引用
ウィキペディアによると106人死刑囚が日本にはいるそうです。聞いた話ですが、死刑囚は毎日死刑を待つことになり手記を書いたり、お詫びの手紙などを書いたりするそうです。希望すれば、内職などの労働をすることは可能だそうですが、隔離された状態だと聞いた事があります。あくまで伝聞なので正しくないかも知れません。刑務所は、罰を与えるところなので生産性をあげて労働力をそこに求めると言うのは趣旨とずれるのかも知れません。

| 新三 | 2008/06/18 20:31 | URL |

死刑よりは

市中引き回しの刑や晒し首のほうが抑止力に関しては高いのではないでしょうか?(冗談半分で言いますが)
世界一の首刈りの技術を持つ民族ですし、是非介錯人という職人も復活してもらいたいと思います。

| K.1 | 2008/06/18 19:17 | URL | ≫ EDIT

死刑囚の日常

死刑囚ってどんな生活をしているのでしょうか?
もし,何の生産活動もしてないのなら,税金で生かしていることになります。それなら,速やかに処刑すべきだと思います。
もし死刑を廃止して終身刑とするなら,より多くの生産活動をさせるべきです。税金で生かしておくのは反対です。

| kane-gee | 2008/06/18 08:45 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/245-fb6e103b

TRACKBACK

酔人さんの「城内実さん応援エントリ」

「城内党」の同志「某酔人の勝手に時事放談」さんが素敵な「城内実さん応援エントリ」を書かれているので、紹介させていただきます。 「金をかけずに努力している政治家を国民は欲...

| がんばれ城内実(きうちみのる) | 2008/06/18 12:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。