或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これで良いのか日本!!

秋葉原通り魔事件通常は、一つのテーマに絞ってブログを書くことが多いが本日は様々なことを書こうと思う。取り留めのないブログになったら申し訳ない。
秋葉原で通り魔事件が起こった。

東京・秋葉原の電気街で8日午後、赤信号を無視して突っ込んできたトラックに横断者がはねられ、降りてきた運転手に通行人がサバイバルナイフで次々と刺された事件で、死亡は7人となった。また警視庁捜査1課と万世橋署の調べに対し、加藤智大容疑者(25)=殺人未遂で現行犯逮捕=が「世の中がいやになった。人を殺すために秋葉原に来た。だれでもよかった」などと供述していることが分かった。捜査1課は通り魔的犯行とみている。
死者7人に…「人を殺すために秋葉原に来た」と加藤容疑者 秋葉原通り魔事件
より引用

完全に誰でもよいから殺害を目的とした事件であろう。ついに日本もこのようなことが起るようになってしまったかと思う。日本に希望が持てないからであろうか。単に秋葉原にいただけで殺害された方々の無念はいかばかりか。ご冥福を申し上げる。このような事件が起ること事態が異常だと言わざる負えない。
話は変わって官僚のタクシー問題について。官僚のモラルと言うレベルではなく、完全に金銭を目的として税金を使っている。非常に問題である。一方では人件費の抑制や無駄のカットということをやりながら隠れた部分ではこのような行為がまかり通るのは異常な状況である。
中国からのギョウザ問題は果たしてどうなったのか。真相は藪の中であろうか。徹底的に問題を追及しなければ、今後中国からの輸入品は徹底的に排除せざる終えない。船場吉兆の問題でもそうだが、日本がおかしくなっている。
『和の精神』は何処に言ってしまったのであろうか。日本人としての誇りや精神は何処へ消えうせたのか。病院の医療費を払わない人や給食費を滞納する人など当たり前のことが出来ない人が増えている。このままでは自分さえ良ければそれで良いとなってしまう。医療保険制度も助け合いの精神から生まれたものではないだろうか。後期高齢者は本当に助け合いの精神にのっとっているのだろうか。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします。
城内みのるオフィシャルサイト
城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします。

FC2ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。



ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。



ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。

ポチッとクリックお願いします。

ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。野木介護センターは、徳島県石井町で介護用品・福祉用具販売、ホームヘルパー(訪問介護)、福祉用具レンタル、ケアプラン作成、家政婦紹介所を行っています。
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 22:35 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

コメントありがとうございます。

K.1さんのコメントは叙情的で、素晴しい表現力ですね。
個と集団を行き来する様が目に浮かびます。

>日本のマスコミは自ら敷いた厚い氷の上をいつもの通り笑顔で滑って、氷の下の本質は見てみぬふり。
前のコメントになりますが、この部分の表現などは、短編小説を読んでいるようです。

また、お越しください。

| 新三 | 2008/06/09 23:18 | URL |

そうですね。

天秤の上を自分のバランス感覚でせわしく行き来する運命ですね。

| K.1 | 2008/06/09 20:46 | URL | ≫ EDIT

個人と集団

個人と集団は永遠のテーマかもしれません。
集団ばかり考えて、全体主義のようなものが素晴しいかといえばそうでもないと思います。
かと言って個人主義、自由主義が全て大切かと言えば違うと思う人が多いのではないでしょうか。

| 新三 | 2008/06/09 17:50 | URL |

余分な個がある上に個人の尊重と無限の可能性があるという教育を受けているけども、自分に無限の可能性が無い、またその余分な自分の個の本質を理解なり一瞥してしまった時、その上で今の日本の現実を見る時、その個人の中に垂直で厳しい精神構造なり諦観がなければ、こうなることは…社会を生きる人間なら理解出来るだろうに…日本のマスコミは自ら敷いた厚い氷の上をいつもの通り笑顔で滑って、氷の下の本質は見てみぬふり。
と自分は思うばっかりです。いつの日かマスコミが本質の中で溺死する事を祈っています。

| K.1 | 2008/06/09 03:29 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとう御座います。

本当は、このようなブログを書きたくないのですが、若者の犯罪が多い気がします。
個別の犯罪を結びつけて議論することが正しいかどうか分かりませんが、非常に気になる事件でした。
平沼先生が、政治家は明日の日本に希望を与えることが出来なければならないと語っておられました。
まさしくその通りだと思います。
かと言ってこのような犯罪が許されるべきだと言うことでは全く無いと言うことを付け加えておきます。

| 新三 | 2008/06/09 00:17 | URL |

No title

新三さん、こんばんは。トラックバックありがとうございます。
まったく、今の日本の劣化はひどいの一語に尽きますね。無差別殺人というのは、個々にいろいろな動機があるのでしょうが、大まかには虚無主義の究極相で出ているように思えます。新三さんが言われるように希望が絶無の社会になってしまったから、若者の目には灰色の絶望的な未来しか見えないのですよ。無目的に他者を殺すというのは、自己の生きる感覚が極限まで磨り減った状態でしょうね。政治が国民に夢と活力を与えられないのが大きいと思います。教育の崩壊もあるでしょう。今の日本には生きる希望が消えうせてしまっているんですよね。だからニヒリズムの極限的な精神の闇に落ちる若者が増えてきているのかもしれません。由々しき事態ですね。

| | 2008/06/08 23:41 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/235-92ceae0c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。