或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブログの価値

ブログの価値とは、個々のブログが素晴しいとか言う様な趣旨ではなく、ブログがもつ全般的な意味を表しているつもりです。テレビや新聞などでは知ることが出来ない情報をブログ(WEBログ)が知らしてくれていると思います。記者ブログというものが存在しますが、一般市民がブログを書くのとは違い。記事を書く立場、または書ける立場であるにも関わらず、ブログで書くということはそれなりの事情があってのことだと思います。すなわち新聞やテレビでは紹介することが出来ない記事などを紹介されていたりします。そもそも、週刊誌がそのような立場を担っていたようですが、週刊誌ですら書くことができないものをブログで紹介しようとする動きや、リアルタイムで時々刻々と変わる状況を報告できるところが意味があるようです。
しかし、ブログを運営するものにとっては現状の状況を阻む自体も起っているのも事実のようです。

 ネット上で定着している政治系ブログとの距離感をどう計ろうかと、この記事の構想を考えていたところ、本紙「正論」の執筆者でもある雪斎さん(政治学者、櫻田淳氏)が、4月下旬に「やってられないわ」とブログ「雪斎の随想録」(http://sessai.cocolog-nifty.com/)の断筆を宣言した。政治への真剣な思いが込められた文章でありながら、心ない読者からの誹謗(ひぼう)中傷が絶えなかったという。
政界混迷!人気ブロガーらに注目 読者非常識で苦悩もチラリより引用

ブログにとってコメントは、命とする人もいるようですが、私は調味料だと思っています。『続々・コメント欄について』と題して、喜八さんは下記のように書かれています。

1. 悪質コメントはどんどん削除すればいい 。
2. 削除すら面倒ならコメント欄をまるごと撤去してしまおう。
3. コメント欄撤去は「敗北」なんかではない。
4. ブログの本体であるエントリ(記事)で「敵」と戦えばよいのだ。
続々・コメント欄についてより引用

非常に面白い考え方ですが、私はここまで達観できません。ちなみに私は喜八さんに対してコメントを伝える際は、メールしています。喜八さんも自らのブログに対する道を全て閉ざしているわけではなくメールという手段を残されています。そういった意味ではコメント欄を撤去していても全く問題ないと思います。私は、コメントも聞きたいので承認制とさせて頂きました。TBについてもそのようにしています。アクセス数が増えれば様々な方が見るようになるわけなので、様々な考え方に、時には違った意見の方にぶつかることも避けられないでしょう。しかし、ブログを書いてくださっている方の気持ちも考えてコメントする必要があるのではないでしょうか。
良く閲覧させて頂いたらんきーブログが閉鎖を発表しました。しかし、閉鎖ではなく凍結にならないかと、私もコメントさせて頂きました。そのかいがあったのかどうかは分かりませんが、凍結というところで落ち着いたようです。らんきーブログの著者であるぶいっちゃんですが、非常にまめな方です。100近いコメントにしっかりと返答されています。非常に愛すべきブロガーの一人だと思います。
さて、有名人のブログがコメント欄で炎上するというのは良く見かけたことがあります。倖田來未さんの発言以来、テレビやラジオでの発言を公式ブログやサイトにコメントしブログが炎上、謝罪ということがあるようです。ブログが無かった場合だとテレビやラジオに抗議の電話が鳴って終わりだったものが、ブログのお陰(?)でそれまで知ることの無かった新たな視聴者がその発言を知り炎上することもあるようです。良いのか悪いのか分かりませんが、様々な選択肢が増えたと喜べばよいのでしょうか?しかし、ブログが閉鎖に追い込まれたり、活動を自粛しなければならない状況まで追い込まれるのはいかがなものかと首をひねったりもします。発言事態は褒められたものではないですが、社会も大きな心で許すということも必要かと思います。

日本に希望を与える信念の政治家、城内実さんへの声援お願いします。
城内みのるオフィシャルサイト
城内みのるのとことん信念ブログ

是非こちらからアンケートに投票ください。

城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします。

FC2ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。


人気ブログランキング クリック下さるとより多くの方に読んでいただけます。
ご協力お願いします。



ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。

ポチッとクリックお願いします。

ポチッとクリックお願いします。


ポチッとクリックお願いします。野木介護センターは、徳島県石井町で介護用品・福祉用具販売、ホームヘルパー(訪問介護)、福祉用具レンタル、ケアプラン作成、家政婦紹介所を行っています。
スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 22:34 | comments:2 | trackbacks:5 | TOP↑

COMMENT

応援ありがとうございます。

ROM者とは、Read Only Memoryという意味で書き込みはせず、ブログを読むだけの方という意味ですね。チョット解説臭くなって申し訳ないですが。
非常にありがたい書き込みでこのような書き込みが増えると元気になります。私のような優秀ではないブロガーでもたまにホームランを打つことがあります。いわゆる出会い頭と呼ばれる業です。優秀なブロガーは狙って出せるようですが、私はたまたま書いたことが時代にマッチしたり、運が良かったりしてホームランを打つことが出来るのだと思っています。
今後も、元気がでる書き込みお待ちしております。ホームランを期待されても困りますが、がんばってバントヒットを狙います。

| 新三 | 2008/05/07 22:48 | URL |

No title

新三さん、はじめまして。ときどき寄らせていただいてます、らんきーブログ経由でこちらを知りました。

とても頷けるエントリーに思わずコメントしたくなりました。自分のようなロム者にとって、ブログはある意味「他所のお宅」であり、訪問の際にはそれなりの敬意を払うべきと自分は思います。無作法な(そのお宅の主が無作法と感じるような)訪問をすれば、追い払われても仕方ないと思います。そういった普通の、、、いや「リアル感覚」の訪問状のマナーがないがしろにされてるなあ、と思ってたので、新三さんのご意見には納得できるものがありました。

日頃の記事も、わりと真面目に読んでます。あまりコメはしませんが、応援してます。これから暑くなるので体調に気をつけてがんばってください。

| ロム者 | 2008/05/07 22:18 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/193-3851e5ef

TRACKBACK

花束のプレゼント

また読ませてくださいね!

| 花束のプレゼント | 2008/05/08 10:32 |

一般財源化すればいいってもんじゃない!

 道路特定財源の一般財源化 やっぱりおかしい!と言い続けてきましたが、あまりにも国土交通省の無駄遣いがひどいし、「余っているのなら、税率をもとにもどすべきではないのですか?」と言ってみても、実現するはずもないという“現実”があるのなら、一般財源化して使...

| とくらBlog | 2008/05/07 06:46 |

再開二十一回目 女性の声

 こういう方々がいると思うとうれしくなりますね。  ブログ「国民に知らせ隊」様 http://shirasetai.blog81.fc2.com/より 「冊子が完成間近です!!」 http://shirasetai.blog81.fc2.com/blog-entry-635.html  正直なところ、政治の話って興味のない人にはわから

| ネトウヨの呟き ~気ままにつれづれ~ | 2008/05/06 19:28 |

再開二十回目 こういう所にも注目しよう

 シナも必死だな。  コキントーの来日に全てをかける末期患者のシナは、この期に及んで天皇陛下を「ホテルに呼びつける」という暴挙を敢行しようとしている。  逆だろ、オイ。  シナというのは礼儀というのを知らないらしい。  いや、シナ式の礼儀を強要しているのだ...

| ネトウヨの呟き ~気ままにつれづれ~ | 2008/05/06 14:29 |

“できる人”とは?

先日、あるキャリアコンサルタントの方と話をしたときに出た話題です。“できる人=実績を出せる人”ですが、じゃぁそれってどんな人?例えば、“自分の人脈を持っている人”“自分の専門性のある人”など言われることはいろいろあるのではないかと思います。その場で出た...

| 転職のやり方 | 2008/05/05 22:49 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。