或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

日銀総裁人事(その3)

日銀総裁人事だが、政争の具にするべきではないなどという理想論を語るつもりはない。現時点で、政府が次期日銀総裁として武藤敏郎副総裁を提案しているが、野党やその他の候補として名前の挙がっている岩田一政副総裁や山口 泰前日本銀行副総裁、黒田東彦アジア開銀総裁などどなたが就任したとしても、中央銀行総裁としての重責を担って頂けると思えてならない。なぜ政府は武藤氏にこだわるのであろうか。日銀総裁の椅子は、常に旧大蔵省と日銀プロパーのタスキがけ人事であった。それが、財金分離(財務と金融政策)観点から旧大蔵省事務次官出身者が中央銀行総裁になることはまかりならんとなったわけです。その結果、日銀プロパーが2代続けて日銀総裁に就任することになりました。野党はその点を非難していると言う立場を取っています。このまま、政府(与党)と野党の協議が物別れになれば、中央銀行総裁人事は、空転し総裁が存在しないと言う異常事態が生まれるかも知れません。そのような自体になれば、日本は国際社会から信用を失い。株を投資している外資は離れるでしょう。どれだけの株が売られて暴落が起るかも知れません。それでは、そうなった場合、誰に責任があるのでしょうか。政府は、野党が悪いと言い、野党は政府(与党)が悪いと言うでしょう。それぞれの立場で勝手な保身に走るのではないでしょうか。でも安心してください。ほぼ間違いなく、福田総理と小沢代表が会談し、日銀総裁が決定するでしょう。そのような空転する事態が恐ろしく、本気で政争の具にすることが出来ないからです。責任を取れる政治家が少ないのではないでしょうか。非常に悲しいことです。

城内実応援団城内実応援団」TBキャンペーンを行なっています。ご協力をお願いします。
ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。 FC2ブログランキング
人気ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。人気ブログランキング

ポチッとクリックお願いします。

スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 政治 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://newthrees.blog18.fc2.com/tb.php/121-0fa6ae2d

TRACKBACK

【検証】武藤は日銀総裁に相応しいのか【ド素人】

  自公利権談合政権とその取り巻き共 は、次期日銀総裁に 武藤副総裁こそが相応しいと強弁 を続けているが、果たして 本当にそうなのか?  改めて日銀総裁のカウンターパートナーたるFRB(連邦準備制度理事会)の ベン・バーナンギ議長と比較 してみよう。 武藤 バー...

| ステイメンの雑記帖  | 2008/03/09 12:16 |

日銀総裁、政府自民が強行突破?+石原銀行問題+boxing内藤

<午前10時過ぎ、【 】部分を追記。>   昨夜は、東京で春雷があった。これで南関東も、暖かくなるかな?(・・)  何か、ランキングのポイントのレベルがどんどん高くなって、当ブログ& リベ平勢はやや苦戦気味なのだけど。(ノ_-。) <土日は、さらにピンチ...

| 日本がアブナイ! | 2008/03/09 00:18 |

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。