或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

城内応援団に参加しませんか?

城内応援団に参加しませんか。参加資格は、城内実を国政に復帰させたいと考えている方であれば、どなたでも参加できます。

ブログおよびウェブサイトにリンクを張ってくださる方。下記をブログ等に張ってください。
<a href="http://ganbare-kiuchi.com/" target="_blank"><img src="http://ganbare-kiuchi.com/banners-img/banner88_31.gif" alt="城内みのる応援サイト"/></a>

城内実応援ブログに記事(日記)を書いていただける方、連絡待ってます。

ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。 FC2ブログランキング








スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 城内実 | 22:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沈む船には乗ってはいられないと言うことか?

無所属のほうが受かるとの判断で推薦しないと言うのは、応援したら落ちるかもしれないと認めたことだろうか。であるなら、民主党推薦の熊谷氏を推薦してはどうだろうか。なかなか斬新な方法だと思うのであるが。自民党は、大阪の都市部では非常に強かったが前回の大阪市長選挙で旗色が変わった。地方の首長選挙では現職が圧倒的有利とされ、多選でもない限り苦戦することはまず無い。その状況の中、民主党推薦候補が大阪市長選で現職候補を破った。当初自公は、民主党に相乗りしようと考えていたようだが、それを民主党は嫌った感がある。結果、大阪大学教授の熊谷氏を擁立した。弁護士でタレントの橋下氏に比べ熊谷氏には知名度が無いが、財界受けもよく大阪の経済にも明るいようである。自民党が推薦から降りたのは、橋下陣営ではプラスと見ているようであるが、自民党は橋下氏に有利に動こうとしたわけではなく公明党に配慮しただけである。さらに、これ以上、大阪で負けると国政選挙にも響くと考えたに間違いない。

大阪府知事選で、自民党本部は8日、橋下徹氏の推薦を見送り、府連推薦にとどめることを決めた。古賀誠選対委員長が中山太郎府連会長に会い、党本部として態度決定しない方針を伝えた。既に同様の方針を決めている公明党に歩調を合わせた。
 自民党選対幹部は同日、「推薦しない方が、無党派層の取り込みに有利だ」と述べ、橋下氏の選挙戦略に配慮する姿勢を強調した。昨年11月の大阪市長選で自民、公明推薦の現職が民主推薦の新人に敗れたショックが大きく、連敗した場合のダメージを抑える狙いもある。[大阪府知事選]橋下氏の推薦、自民党本部が見送りより引用


ブログランキングに参加しました右のバナーをクリックしてください。 FC2ブログランキング








| ブックマークに追加する | 政治 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。