或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

2007年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

阿部卓也氏ブログ(負袋録)について

これから引用させて頂く、阿部卓也氏は現職の県会議員(民主党)で2005年の郵政選挙で静岡7区から立候補されたと言う経緯があります。民主党の静岡7区の候補や公認について、ブログにて書かれておられます。ご本人は、悪気は全く無いようですが事実と異なると感じた部分があるので引用してみました。

あらゆるルートからのアプローチに対してご本人が「NO」であり、野党サイドでたたかうことに同意がいただけなかったもの。と考えております。前回同様、“正当な自民党”をめぐる選挙を望まれているものと拝察いたします。

とあるのですが、阿部氏は自民対民主の二代政党制を意識するあまり、どちらにも所属しない政治の考え方を軽んじられているのではないでしょうか。民主党のアプローチを断ったから、自民党寄りだと決め付けるのはあまりにも短絡的ではないでしょうか。自民党を離党すれば発言権が強い民主党に入党するか推薦を受けるのが当たり前だとするのはあまりにも横柄ではないでしょうか。民主党が次の総選挙を政権選択の選挙としたい気持ちは非常に分かります。政権を担える人材がいることも間違いないと思います。ただ、城内氏を民主党から推薦や公認、支持してほしいという要望は城内氏に国政に復帰してほしいと言う気持ちの表れではないでしょうか。また民主党から公認をと言うのは、現在の小選挙区比例代表並立制のシステムでは政党から立候補するのが最も国政への近道だからではないでしょうか。さらに述べれば、無所属で出馬することによる選挙の戦いにくさを知って様々な方々が便りを寄せられているのではないでしょうか。
批判的な書き込みになるので一部分を悪意的に抜き取り批判しているのではないことを示すため、全文の引用を下記に掲載させて頂きます。

民主党の7区の公認候補者擁立作業が進んでいますが、
城内実氏を民主で公認するなり、国民新党で戦ってもらって
応援すればどうか」とのご意見やご質問をいただきます。
この際、あくまで「私個人の認識」ですが
誤解や混乱が生じないよう、はっきり申し上げておきます。

あらゆるルートからのアプローチに対して
ご本人が「NO」であり、
野党サイドでたたかうことに同意がいただけなかったもの。
と考えております。前回同様、“正当な自民党”を
めぐる選挙を望まれているものと拝察いたします。

よって、政権選択選挙となる今回の衆議院選挙におきましては
民主党としては当然ながら候補者の擁立を致します。

片山さつき衆議院議員を含めた3者が、
日本のため、静岡7区のため、実のある論議を展開し、
有権者のみなさまに熟考いただき、
「未来を託す」ご納得の投票に投票所に行っていただけるよう
努力をいたしてゆきますので、なにとぞ宜しくお願い致します。
阿部卓也氏ブログ(負袋録)より全文引用


静岡7区で誰を国政に送りたいかアンケートを開催中です。左側か下側のアンケートに答えてください。







スポンサーサイト

| ブックマークに追加する | 城内実 | 22:04 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

政界の寝業師本領発揮

小沢代表何かと話題の小沢代表だが、このような記事が飛び込んできた。

 民主党の小沢一郎代表(65)が10月下旬、民主、社民の両党を支援する有力労組幹部に対し社民党民主党合流を提案し、後押しするよう要請していたことが分かった。両党関係者が30日、明かした。直後に自民、民主両党の大連立構想が浮上し、混乱から立ち消えとなったが、労組側は合流を望んでおり、再燃してもおかしくない状況だ。小沢代表、社民党「吸収」を画策していた!より一部引用

大連立が模索される前、小沢代表は社民党吸収することを画策していたと言うことだ。しかも選挙区の区割りについも考えたと記事は伝えているので、かなり具体的な話であることは間違いない。民主党内には、労働組合を支持母体にしたグループがあり、そのような関係で吸収という話になったのではないだろうか。民主党には元社会党の議員も多くおり、合流は比較的スムーズに進むのかもしれないが、現職の社民党議員としてはこのような話が出るだけでも選挙にマイナス要素になるかもしれない。社民党としては寝耳にウォーターな話かも知れないが、支持母体としては少しでも政権に近づくことで自らの意見が国政に反映されやすくなると言うのは、同じ選挙活動をする上でも魅力的に映るのであろう。現在は、大連立の後遺症で立ち消えとなっているが、解散総選挙の目が出てくれば再燃する可能性も大いにある。

静岡7区で誰を国政に送りたいかアンケートを開催中です。左側か下側のアンケートに答えてください。







| ブックマークに追加する | 政治 | 00:36 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。