或る青年経済人の覚書

最近の政治と経済を中心として書きます。

2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| ブックマークに追加する | スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

橋下弁護士が出馬会見大阪府知事選

橋下弁護士橋下弁護士が大阪府知事選に出馬との記事が目に飛び込んできた。やっぱりなと思えてならなかった。橋下さんは、基本的に目立ちたがり屋だと思えてならない。今なら、受かると思っているのだろう。落ちても、今の地位は決して揺るぐものではないと思っているのではないだろうか。お玉おばさんでもわかる政治のお話で橋下さんが出馬することを非常に非難しているが現在のお気持ちはどうなのだろう。良ければコメントを頂きたい。このまま行くと選挙を行う前に、民主党が相乗りを行えば決まってしまう。財政規模第二位の大阪の首長が選挙を行う前に占拠されてしまっていいものかと憤りを感じる。決して橋下さんが、大阪府知事に相応しくないと言うことをブログで書きたいのではない。共産党やその他の候補には大変申し訳ない書き方であるが、与野党相乗りの候補で、選挙を行う前に決まることがありえないといっているだけである。浪速ともあれ、結果として大阪が立ち直ってくれればどなたが府知事になってもかまわないのではあるが、正当な選挙で決めていただければと思う次第である。
スポンサーサイト

≫ Read More

| ブックマークに追加する | 政治 | 08:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「首相は決断を」

「首相は決断を」薬害C型肝炎大阪訴訟、原告が実名会見
福田総理は薬害被害者をここまでの行為をさせるまで追い詰めていることが分かっているのであろうか。あえてここで実名を書くことは差し控えるが、明日には電話が鳴り続けて、多くの手紙が届くであろう。その中には、激励のメッセージもあるだろうが、誹謗・中傷を受けることが残念であるが多くあると思う。それでも実名を公表するということは取材を受ける可能性が多くなるだろうし、取材などで訴えるチャンスが増えると考えての行動であると思う。

読売新聞の記事によると、1986年10月、腫瘍(しゅよう)の手術で血液製剤「フィブリノゲン」を投与され、C型肝炎に感染した。2001年に肝がんを発症し今年9月、主治医から「有効な治療方法がない」と宣告された。

主治医からも有効な治療法が無いと言われた男性が取った行動は、非常に立派であると思う。自分の利益にならない行動を時間の無い中で決断できることは非常に素晴しい。私が、この男性に電話や手紙で激励することはさして難しい行動ではないが、それでは総理の政治判断にプレッシャーがかかるとは思えない。少しでも早く、政治決断がされるように、多くの人にブログを書いて頂きたい。



| ブックマークに追加する | 政治 | 00:27 | comments:0 | trackbacks:2 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。